イタリアン

イタリア料理資格人気ランキング

資格

パスタやピザなどが代表的なイタリア料理は、日本でも家庭で食べられるほどポピュラーなものです。トマトやハム、オリーブオイルなどの食材も有名ですが、実はイタリア料理は以外と奥深いという事をご存知でしょうか。イタリア料理は地方によって様々な郷土料理があり、一般的に知られている以上にバリエーションも豊富に存在するのです。そんなイタリア料理の魅力を知りたいなら、資格を取得するのがおススメです。ここでは、イタリア料理に関連する資格を人気・注目度の面からピックアップしてご紹介しています。

1位 イタリア料理ソムリエ

イタリア料理ソムリエは日本安全食料料理協会が主催している資格であり、イタリア料理に関する幅広い知識を習得する事が出来ます。イタリア料理には主にチーズやトマト、オリーブオイルやハムなどが代表的な食材として用いられますが、それ以外にもレシピによって魚介類や肉などが使用される事もあるのです。それらの食材を用い、代表的なピザやパスタ以外のイタリア料理も作れるようになるとともに、テーブルマナーや食材の選び方なども合わせて学習する事が出来るのがイタリア料理ソムリエの資格内容です。幅広い知識と技術を身に着ける事が出来るため、資格取得後はイタリア料理のソムリエとしての活動も目指す事が出来るでしょう。

2位 イタリアンコーディネーター

日本生活環境支援協会が主催するイタリアンコーディネーターは、より実践を重視した内容で注目を集めている資格です。イタリア料理の基本的な知識と作り方、レシピなどが中心となっていますが、最終的にはイタリア料理をコーディネート出来るような内容となっています。適切なカフェの選び方、パスタの長さや食材の種類など、食材の組み合わせを自由自在に変化させる事でイタリア料理のバリエーションを増やせる事が最大のメリットとなります。チーズやワインについての見識も深める事が出来ますので、お客さんにイタリア料理を提供するような職についている方は特にピッタリだと言えるでしょう。

3位 イタリアンマイスター

イタリア料理の調理テクニックを中心とした内容で人気を博すのは、こちらのイタリアンマイスターの資格です。イタリアンレストランのオーナーシェフ、落合務氏が監修しており主に自宅で本格的なイタリアン料理を作りたい方の取得を推奨しています。また、調理技術だけではなく、イタリア料理の楽しみ方や応用的な技術を身に着ける事が出来るのもメリットです。塩加減や火加減、パスタの作り方などをしっかりと理解しているかが試験合格の鍵となります。パスタを中心にイタリア料理の基本的な知識を身に着けたい方が特に向いている資格ではないでしょうか。

4位 イタリア料理研究家1級

こちらは日本イタリア料理教室協会が主催しており、知識と実技の証明が出来る資格です。知識面を見ると、イタリアに存在する20州それぞれの地方料理の説明が出来る事・イタリア語で書かれたレシピを理解できる事など。また、実技面ではイタリア全土のメニューを100種類以上・ワインを50種類以上学んでいる事などが条件となります。メディアに出演するイタリア料理人も取得している割合が高い資格ですが、その分合格の条件は厳しいものとなっています。他の資格などでイタリア料理の基本的な知識を習得してから挑戦するのがおススメです。

5位 イタリア料理研究家認定試験3級

こちらは上記でご説明したイタリア料理研究家1級の下位試験です。3級という事もあり試験は学科だけとなっており、イタリア各地の代表的な料理名・食習慣や気候・伝統料理などについて問われます。合格するのは難しくありませんが、この資格だけ取得してもイタリア料理に関する簡単な知識が身に付くだけで終わってしまうでしょう。上位に位置する2級または3級を目指すか、他のイタリア料理の資格を取得する足がかりにすると良いのではないでしょうか。
イタリア料理資格 イタリア料理資格