インド料理

インド料理資格人気ランキング

資格

インド料理と聞いて、どのような料理を思い浮かべるでしょうか?インド料理の代表的なものとしては自宅でも簡単に作る事が出来るカレーがありますが、日本にあるカレーは本場インドのものとは別物です。カレーをはじめ、ナンやタンドリーチキンなどの本場のインド料理は独自のスパイスを用いて作られるものが多くその味わいも格別なのです。最近ではインド人のシェフが在籍する本場インド料理店も多く、日本でも馴染み深いものとなってきました。今やインド料理は、フランス料理・イタリア料理・中国料理などと並ぶメジャーな料理となっているのです。今回は、作る・食べる・伝えるという様々な観点から、インド料理に関連する資格をご紹介いたします。

1位 インド料理ソムリエ

インド料理ソムリエは日本安全食料料理協会が主催しており、インド料理を作る側の視点で作られています。この資格を取得するとインド料理の食材やスパイスに関する知識、そしてそれらを使用してインド料理を作れる事を証明する事が出来ます。一般的に日本人が思い浮かべるインド料理と言えば、カレーやナン、タンドリーチキンくらいなのではないでしょうか。しかし、インド料理は地域によって細かく料理の種類が分かれています。例えば中東の影響を色濃く受けた北インドではナンなどのパン類が主食、米が主食の南インドではカレーが良く食べられています。そのような地域ごとの料理を理解し、米・小麦・野菜など使用される食材を知る事も必要です。また、インド料理でスパイスは特に重要だと言えます。インド料理ソムリエの資格内容は食材やスパイス、調理法などを幅広くカバーしていますので、取得した後は様々な種類のインド料理を作れるようになるでしょう。本格的なインド料理の知識・技術を身に着けるためには、一昔前ならインド料理専門店へ就職したりインドに渡って修行を行ったりしなければなりませんでした。しかし、インド料理ソムリエを取得すればプロ顔負けの知識・技術を身に着けられます。資格取得後はインド料理関連の仕事や講師活動も目指せますので、就職や修行の前に取得を検討してみてはいかがでしょうか。

2位 インド食文化インストラクター

日本インストラクター協会が主催しているこの資格は、インド料理を作る・伝えるという視点で作られています。北インド・南インドなどの地域ごとに食べられている料理、そして使用する食材について学んでいくのはインド料理ソムリエと同じです。インド食文化インストラクターではそのような基本的な知識の他、インドの食文化や時代背景についても学んでいく事が出来ます。インドはヒンドゥー教が主流となっていますが、流派によっても細かく食事のマナー・料理のルールなどが異なります。つまりインド食文化インストラクターの内容は、基本的な知識とともにインド料理に関する理解を深めていけるようになっているのです。この資格は最終的に自宅やカルチャースクールでの講師活動を念頭に作られていますから、インドの文化なども交えて講義を行う事で講師としての活動の幅が広がるはずです。インドの文化や魅力を、本格的なインド料理とともに伝えていきたいと思っている方には特におススメ出来る資格でしょう。

3位 カレーマイスター

日本野菜ソムリエ協会が主催するカレーマイスターは、作る・食べる・伝えるという3つのポイントを合わせ持つ何とも贅沢な資格です。数あるインド料理の中でもカレーだけに焦点を当てているのが特徴で、使用される食材やスパイスの特徴や調理方法まで幅広い知識を身に着けられます。日本で食べられるカレーと本場のインドカレーは使われる材料や製法が異なっており味も別物です。日本にあるカレーは日本人の口に合うように調整が施されているためとてもおいしく感じますが、逆に本場のインドカレーが苦手という方もいるかもしれません。しかし、カレーマイスターを取得するとレシピやスパイスを調整する事でオリジナルのカレーが作れるようになります。このため、本場のインドカレーを調整したり、逆に自宅で本格的なインドカレーを作る事も可能となるのです。完全にカレー中心となっているのがデメリットですが、インド料理の知識を更に深めたいと思っている方は取得してみるのが良いのではないでしょうか。
インド料理資格 インド料理資格