エスニック料理

エスニック料理資格人気ランキング

資格

エスニックとは風俗・習慣などを表す言葉であり、日本では主に料理に関連する言葉として知られています。本来は海外の民族料理全般の事でしたが、現在は主にアジア圏の料理を指す言葉として使われるのが一般的。一言でエスニック料理と言ってもその種類は多いのですが、インドネシアやタイ、アフガニスタンの料理が思い浮かぶでしょう。代表的なものとしては、タイのトムヤムクンやスペインのパエリアなどがエスニック料理という事になります。野菜や果物、魚介類とスパイスを使用して作るエスニック料理はどれも一度食べたら病みつきになる味わいです。そんなエスニック料理を、自宅でも簡単に作れるようになるのが今回ご紹介するエスニック料理の資格です。お店で食べるような味を自宅でも再現したいなら、ここでご紹介するエスニック料理の資格をチェックしてみてはいかがでしょう。

1位 エスニック料理ソムリエ

エスニック料理ソムリエは、食品関連の資格を多く取り扱う事で定評のある日本安全食料料理協会が主催しています。エスニック料理は民族料理の事を指しており、国や地域によって様々な種類が存在しています。種類が多ければ必要となる知識・技術も多くなりますので、個人でエスニック料理を習得していくのは以外と大変なものです。エスニック料理ソムリエは人気・注目度ともにナンバー1の資格という事で、エスニック料理に関する知識・技術を幅広く学習していく事が可能です。アジア圏から見ていくと、定番であるタイのトムヤムクンやガパオライス、お隣韓国のサムゲタンなどがあります。また、スペインではパエリア、アフリカではクスクスなどがエスニック料理として有名です。エスニック料理ソムリエは、このような多種多様なエスニック料理の調理法を身に着けるとともにその国や地域の気候・風土・文化などについても合わせて学んでいきます。料理だけではない学習範囲の広さで、普段なかなか食べる機会のないエスニック料理を直接知る事が出来るのもエスニック料理ソムリエのメリットだと言えるでしょう。資格を取得した後、エスニック料理ソムリエとして自宅やカルチャースクールで活躍している方は多くいらっしゃいます。趣味として楽しむだけでなく、エスニック料理ソムリエとしての活動を目指すのも面白いのではないでしょうか。

2位 アジア料理インストラクター

数あるエスニック料理の中でも、特にアジアのエスニック料理に焦点を当てた資格であるアジア料理インストラクター。主講師系の資格運営で実績のある日本インストラクター協会が主催しており、こちらも人気・注目度が高い資格の一つとなっています。エスニック料理は国や地域ごとに存在しており非常に数が多いのですが、特に日本でポピュラーなのはアジアの料理です。既にご紹介したタイや韓国以外でも、ベトナム・マレーシア・台湾・カンボジアなどアジアの国は多いものです。アジア料理インストラクターを取得すれば、アジア圏の国ごとにエスニック料理の調理法やレシピを習得していく事が可能なのです。資格を取得すれば間違いなく料理のレパートリーを増やす事が出来るため、特に主婦や趣味として楽しみたい方におススメしたい資格だと言えます。また、アジア料理インストラクターは資格の名称になっている事からも分かる通り、講師としての活動を行えるようになるのも大きなメリットです。国や地域が違えば、当然食事の際のマナーも異なります。国によってお椀に口をつけてはダメ・左手を使用しないなどの独特なマナーも存在しており、日本人にはなかなか馴染みづらいものがあるでしょう。調理法やレシピとともにそのような独特なマナーも知る事が出来るため、講師活動の幅を広げられるのは間違いありません。趣味として楽しむ・本格的な講師を目指す等、どのような目的でも本格的なエスニック料理を学ぶならアジア料理インストラクターに申し込んで間違いはないでしょう。
エスニック料理資格 エスニック料理資格