カクテル資格人気ランキング

芸能

カクテルに関する知識や技術があれば、いつでも自分で好みのカクテルを作れたり、自宅でパーティーを開いたりと楽しみが広がります。お酒が大好きでバーテンダーに憧れている人や、自分の店を持ちたいという本格的な人まで、スキルアップに資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

カクテルに関する資格は複数ありますが、資格の取りやすさや費用はもちろん、資格取得後の活動を考えると、資格名そのものの印象も大切です。ここでは資格名の意味も合わせて上位5つをランキングでご紹介します。

1位 カクテルソムリエ

カクテルに関する資格、人気第1位は「カクテルソムリエ」です。資格の取りやすさ、費用、知名度、学べる内容などが評価されています。この資格では、カクテルに関する幅広いあらゆる知識を有していることを証明されます。

「ソムリエ」とは、元々ワインなどの専門知識があり、客にワインの選定や提供する給仕人のことを指しますが、最近では様々な「ソムリエ」があり、それぞれの分野でのスペシャリストを指す言葉として定着しています。

■資格の取り方は?

試験は2ヶ月に1回あり、自宅で受験することができます。受験料は10,000円。学び方は自分で選択でき、独学も可能です。自信がなく一度で合格を目指すなら、専用の通信講座で学ぶのもおすすめです。

■主催しているのは?

この資格を主催している日本安全食料料理協会は、食品・料理に関する資格を多数主催しており、それぞれ専門の知識や技術が十分にあることを認定しています。

2位 カクテルコンシェルジュ

カクテルに関する資格、人気第2位は「カクテルコンシェルジュ」です。実際にカクテルを作るために必要な知識や道具選びなどに関してスキルがあることを証明する資格です。

「コンシェルジュ」とは、元々ホテル内で宿泊客の相談や要望に対応する人を指しますが、ソムリエ同様、最近では様々な「コンシェルジュ」があり、何か相談したり頼み事がある際に頼りになる存在を指す言葉として定着しています。

■資格の取り方は?

試験は2ヶ月に1回あり、自宅で受験することができます。受験料は10,000円。学び方は自分で選択でき、独学も可能です。自信がなく一度で合格を目指すなら、専用の通信講座で学ぶのもおすすめです。

■主催しているのは?

この資格を主催している日本インストラクター協会は、それぞれの専門分野の知識はもちろん教える力を中心とした技術のスキルを磨く資格を多数主催しています。

3位 カクテルマイスター

「マイスター」とは、各分野の名人や巨匠を指す言葉で、「カクテルマイスター」は、カクテルの歴史やバーでのマナーなど、カクテルのおしゃれなスペシャリストであることが証明される資格です。

■資格の取り方は?

「カクテルマイスター資格取得講座」に申込み、受講する必要があります。受講料は受験料込で27,000円です。受講から資格試験まですべてWebで行います。

■主催しているのは?

日本能力教育促進協会が主催しており、他にも各分野の専門的な技能を高めるための資格を多数主催しています。

4位 カクテルアナリスト

「アナリスト」とは、様々なことを調査・分析をする専門家を指す言葉で、「カクテルアナリスト」は、カクテルをはじめとした、ワイン、ビール、ウィスキー、ブランデー、リキュールなどの洋酒に関する専門的な知識などを備えていることを証明される資格です。

■資格の取り方は?

主催協会が指定の認定教育機関が行っている学習講座において、全カリキュラムを修了すると、随時自宅で受験することができます。受験料は5,600円、指定講座の費用は26,000円(インターネット申込み)です。

■主催しているのは?

この資格を主催している「日本能力開発推進協会」は、様々な分野の実務能力向上に関して情報提供事業をおこなっています。

5位 カクテルアドバイザー

「カクテルアドバイザー」とは、その名前のとおりカクテルに関してアドバイスができる人を指すもので、カクテルに関する一定の知識を認められる資格です。

■資格の取り方は?

「HBAカクテルアドバイザー通信講座」に申込み、受講する必要があります。受講料は受験料込で36,000円です。試験は年に4回あり、自宅で受験することができます。

■主催しているのは?

この資格を主催している「日本ホテルバーメンズ協会」は、本格派バーのあり方とカクテルを中心とした 飲料文化の発展・育成を目的としています。

通信教育講座  通信教育講座