スープ

スープ資格人気ランキング

資格

肉や魚、野菜などを煮込んで作られるスープは家庭や高級料理店など様々な場所で食べる機会があります。有名なものであればコーンスープやフカヒレスープ、ボルシチなどがあるでしょうか。スープと聞くと海外の料理を連想してしまうかと思いますが、日本でも主に汁物と呼ばれ親しまれているのです。一口食べるだけで心も身体もホッと温めてくれるスープですが、近年になって健康や美容の面から注目を集めています。種類が豊富で、作り方によって様々な効果が存在する奥深いスープ。ここでは、そんなスープに関連する資格をご紹介します。

1位 スープマイスター

スープマイスターは、食に関する資格を多く取り扱う日本安全食料料理協会が主催しているスープの資格です。この資格を取得すると、スープに関すると幅広い知識を有している事が認められます。スープと言ってもその種類は多く、国や地域ごとに使う材料や調理法は細かく異なります。スープマイスターではそのような幅広い種類のスープの作り方、そして誕生した歴史も合わせて学んでいきます。また、スープを食べる際には国によってマナーが存在します。食器の置き方、スープのすくい方など一般的にはあまり知られていないマナーを習得する事が出来るのも一つのメリットです。結婚式や会食などではスープが出てくる事もありますから、普段高級料理店を利用しないという方でもスープに関するマナーを知っておいて損は無いでしょう。コーンスープなどの家庭で食べられるようなスープから、フカヒレのような高級食材を使用した世界的にも有名なスープまで。様々なスープについて学ぶ事が出来るため、プロの料理人から料理好きの一般人まで幅広い方におススメできる資格です。2か月に1回、つまり年6回の頻度で試験が開催されており、忙しい方でも自身のペースで学習する事が出来るのもメリットだと言えるでしょう。

2位 健康スープアドバイザー

健康スープアドバイザーを主催しているのは、講師系の資格を多く取り扱っている日本インストラクター協会です。最終的にアドバイザーとして活動できるほどの実力を身に着けられるのがメリットであり、試験に合格後はスープに関する幅広い知識と技術を習得する事が出来ます。国や地域ごとに違いのあるスープですが、家庭でアレンジして作られたものを合わせるとその数は無数にあると言えるでしょう。鶏ガラ・コンソメ・コーンスープなどの定番からラーメンのスープまで。スープに使用される食材や成分を理解し、最終的には自分自身のオリジナルの味を追求する事が出来るようになります。また、資格の名称になっている通り、健康スープアドバイザーは特にスープが身体に与える影響に着目した内容となっています。食材の成分、調理によって栄養素がどのように変化するかを十分に理解出来れば、免疫力を高める・老化を防止する・肌荒れを防ぐ・便秘を改善するというような目的別のレシピを作れるようになります。スープが健康や美容に与える影響も学んでいきますので、健康スープアドバイザーはプロの料理人だけではなく主婦からも注目を集めている資格なのです。こちらも2か月に1回のペースで試験が開催されているため、時間に余裕が無い方でも取得する事が出来るはずです。

3位 スープソムリエ

世界中に存在するスープの歴史・作り方などについて理解し、自身でも作れるようになる事を目指すのがスープソムリエの資格内容です。スープに関する基本的な知識はもちろんの事、日本をはじめ世界中に存在するスープの作り方を学んでいけるのが最大のメリット。特に最新情報が入手しやすくなっており、スープに関する見識を広めるには打ってつけです。非常に幅広い学習内容となっていますが、その反面しっかりと身に着けるためには相応の時間がかかっていまいます。この内容から考えると学習時間を確保出来る方、もしくはスープ系の資格を既に取得していてスキルアップを目指したい方に向いているでしょう。
スープ資格 スープ資格