タイ古式マッサージ

タイ古式整体資格人気ランキング

資格

マッサージには、いろいろな種類がありますが、その中でも人気があるのがタイ古式マッサージです。タイ古式という名前がついていますが、日本人でも資格を取得して施術することが可能です。需要も高く、かなり活きる資格です。今回は、タイ古式マッサージに関する資格について紹介していきたいと思います。

1位 タイ古式整体ボディセラピーアドバイザー

タイ古式整体ボディセラピーアドバイザーは、日本アロマメディカル心理セラピー協会が発行している資格で、タイ古式整体ボディセラピーについて、その歴史であったり、仏教徒とのかかわり、仏教やタイの伝統との関係性など、タイ古式整体ボディセラピーに関する幅広い知識を有していて、さらに、ケアに必要な解剖整理の知識や食事、体をめぐる流れについてしっかりと理解している人に与えられる資格です。資格を取得したのちには、タイ古式整体ボディセラピーアドバイザーとして、自宅やカルチャースクールなどで講師として活動することが可能です。受験資格は特に定められていないので、誰でも簡単に取得することが出来ます。

2位 タイ古式ヨガボディヒーリング

タイ古式ヨガボディヒーリングは、日本インストラクター協会が発行している資格で、泰子氏規模でヒーリングインストラクターとして、ハーブボールであったり、ホットストーンの正しい取り扱い方や、実際に施術院を開業した際に、接客上で気をつける点などをしっかりと理解し、タイ古式ヨガボディヒーリングに関する知識をしっかりと有している人が取得できます。資格を取得したら、タイ古式ヨガボディヒーリングインストラクターとして、自宅やスクールで講師としけ活動することが出来ます。受験資格は特に定められておらず、誰でも簡単に受験することが出来ます。

3位 JTTMA認定プロフェッショナルセラピスト資格

JTTMA認定プロフェッショナルセラピスト資格は、日本タイ古式マッサージ協会が発行している資格で、「対伝統医療協会」と連携した育成カリキュラムをもとに、東洋の伝統医学の一つであるタイ古式マッサージに関する知識や実践技術を取得するとともに、最先端の西洋医学に基づいた解剖理論との融合を図りながらそれぞれのお客様に合わせたタイ古式マッサージの施術や健康アドバイスを行う知識を身に付けることで取得することのできる資格です。プロフェッショナルセラピスト資格はベーシック、オーダーメイド、ティーチャーの3段階に分かれており、それぞれの人の実力に合わせて資格を選ぶことが出来ます。資格を取得すると、タイ古式マッサージ師として、お客様に施術を行うことが出来ます。タイに留学することなく、政府公認の指導を受けることが出来るので、受ける価値は十分にあります。

4位 タイ古式ボディケアセラピスト

タイ古式ボディケアセラピストは、日本能力開発推進協会が発行している資格で、タイの伝統医学に関する知識をしっかりと備えていて、その独自の理論に基づいて手技と施術を行うことが出来る、タイ古式ボディケアの実践者であることを証明します。タイ古式ボディケアディセラピーはその高いリラックス効果により、癒しや美容関係の仕事に従事することが可能になります。協会指定の認定教育機関にて行われる教育訓練を受講し、すべてのカリキュラムを終了し、さらに在宅にて資格試験を受験して合格することで資格を取得することが出来ます。受講料も5600円と比較的安価なので、受験してもいいかもしれません。

5位 TTMA公認・プロタイマッサージセラピスト

TTMA公認・プロタイマッサージセラピストは、日本トラディショナルタイマッサージ協会によって発行されている資格で、日本で最もポピュラーなタイ古式マッサージの資格です。タイ古式マッサージに関する知識をしっかりと有しており、実際にタイ古式マッサージ店を開業して施術することが出来るレベルの技能を取得している必要があります。TTMA公認の全国にあるタイマッサージ塾にて、認定試験官がマンツーマンで試験を行っており、無事合格することで、タイ古式マッサージセラピストとして、実際に活動することが可能になります。
タイ古式マッサージ資格 タイ古式マッサージ資格