トリマー資格人気ランキング

芸能

トリマーは、獣医師などとは違い、国家資格が必要な仕事ではありません。技術さえあれば誰でもトリマーを名乗り、仕事をすることができます。しかし実際は独学だけで身に付けることは難しく、専門学校に行ったりペットショップなど動物関連のアルバイトをしながら通信教育で勉強をして身につける方法がほとんどです。そしていざトリマーとして就職や開業をと考えたとき、やはり資格は強みになります。ペットは家族として大切にされ、トリマーを選ぶ目も厳しくなっており、お店も優秀な人材を取りたいため、一定の知識や技術が認められている有資格者の方がとても有利なのは確実です。

今回は複数あるトリマー関連の資格の中から取得のしやすさ、費用、口コミなどを元に人気のものをランキングでご紹介します。

1位 ペットトリミングアドバイザー

トリミングに関する資格、人気第1位は「ペットトリミングアドバイザー」です。資格の取りやすさ、費用、知名度、学べる内容などが評価されています。

この資格では、ペットのトリミングに対するアドバイザーとして、家庭の犬や猫のトリミングについて、道具の使い方、トリミングの手順を含めた基本的な知識を確実に身につけていることが証明されます。特徴としては、ミックス犬・小型犬・シニア犬など様々な犬の種類に合わせたトリミングや猫のトリミングに関する知識も認められるため、就職の際の強みとなります。

学び方を自分で選択したい、働きながら取得したい、すでに実務経験があり技術証明のために資格取得したい、という人におすすめです。

■資格の取り方は?

試験は2ヶ月に1回あり、自宅で受験することができます。受験料は10,000円。学び方は自分で選択でき、専用の通信講座を利用したり、ペットショップなどで実経験を積むなど方法は自由です。

■主催しているのは?

この資格を主催している日本生活環境支援協会は生活における技術のスキルを認定する資格を多数主催しています。ペット関連では「ドッグトレーニングアドバイザー」なども主催しています。

2位 トリマー開業インストラクター

トリミングに関する資格、人気第2位は「トリマー開業インストラクター」です。

この資格は1位の「ペットトリミングアドバイザー」と少し異なり、トリミングに関する知識はもちろんトリマーとして開業するために必要な知識やそれを人に伝えるインストラクターとしての技術も証明されます。最初から開業を目指している人はもちろん、将来的に開業を視野に入れたいという人は「ペットトリミングアドバイザー」と合わせて取得するのもおすすめです。

■資格の取り方は?

試験は2ヶ月に1回あり、自宅で受験することができます。受験料は10,000円。学び方は自分で選択でき、専用の通信講座を利用したり、ペットショップなどで実経験を積むなど方法は自由です。売上管理や顧客の固定化方法など、開業に向けてかなり実践的な知識が必要となりますのでこちらの資格は特に専用の通信講座で学習されることをおすすめします。

■主催しているのは?

この資格を主催している日本インストラクター協会は、それぞれの専門分野の知識はもちろん教える力を中心とした技術のスキルを磨く資格を多数主催しており、ペット関連では他に「犬のしつけインストラクター」などがあります。

3位 ドッグトリマー

「ドックトリマー」はトリマーになるための基本的な正しい技術や、ペットの健康管理なども学習したことが証明される資格です。

教材テキストから資格取得までがセットになっているため、一から気軽に始めたい人におすすめです。

■資格の取り方は?

「ドッグトリマー基礎講座」に申込み、専用の教材テキストで受講し学ぶ必要があります。受講料は受験料込で80,000円です。受講から資格試験まですべてWebで行います。他に、ステップアップ資格やスクーリング制度などもあります。

■主催しているのは?

この資格はペット関連の資格の通信講座を多数販売している日本ケンネルカレッジが主催しています。他に「ドッグトレーナー」や「ドッグブリーダー」の資格などがあります。

通信教育講座  通信教育講座