ドッグトレーニング

ドッグトレーニングアドバイザー口コミ評判

芸能

ドッグトレーナーアドバイザーは、日本生活環境支援協会が認定試験を行っている講師資格の一つです。

ドッグトレーニングは世界共通で行われており、日本のドッグトレーニングは英国式に近いと言われており、英国式だけでなく、様々な国の良いところを取り入れているのが日本のドッグトレーニングの特徴です。

中でも英国式のドッグトレーニングは完成度が高く、その英国式を取り入れている日本のドッグトレーニングは世界でも通用するトレーナーだと言われています。

そのため求められる技量も高くなり、世間一般ではドッグトレーナーは難しい職業だと認知されており、責任感も問われるので、この点にやりがいを感じる方でないと確かに厳しいかと思います。

しかし、犬好きで普段からしつけをしていて自身がある方や、自分なりのノウハウを持っていて実施できている、こういった方にオススメできる資格となっており、誇りと自信・責任感、そして何よりも興味を持つことが大切なドッグトレーニングアドバイザー、この資格の口コミや評判を紹介していきます。

ドッグトレーニングアドバイザーの認定試験について

ドッグトレーニングアドバイザーの資格を取得するためには、認定試験に合格することが条件で、そのために試験を受けて、合格できるように勉強する必要もあります。

試験の概要を事前に学べるので、試験についてきちんと理解して望むことができま、困惑することなく、試験の準備をすることができます。

評価が高い点としましては、ドッグトレーニングアドバイザーの認定試験は、受験資格が存在しないので、受験料を払えば誰でも挑戦することができます。

試験の申し込みは、日本生活環境支援協会のホームページにある、専用のフォームに必要な項目を記入するだけなので、簡単に申し込むことができます。

更に、ドッグトレーニングアドバイザーの認定試験は、在宅でも受験になるので、仕事や育児などで忙しく、試験会場に行くことや時間があまり取れない方でも、受験しやすいのも評判が良いです。

自宅で回答するので、普段と変わらない環境の中で試験に臨むことができ、緊張したりすることがありません。

試験合格のラインは、70%以上の点数を取る必要があるので、試験対策をしっかり行っておくことが大切です。

ドッグトレーニングアドバイザーの勉強について

ドッグトレーニングアドバイザーの勉強は、インターネットで情報収集したり、本屋さんでテキストを購入することで独学で勉強することもできます。

ですが、口コミが高いのは、通信講座を利用した自宅での勉強方法で、諒設計アーキテクトラーニングなどが有名です。

この、諒設計アーキテクトラーニングの提供している講座は、日本生活環境支援協会の公認を受けているので、試験の内容がそのまま講座に組み込まれおり、勉強しやすく試験の対策にもそのまま使えるので評価が高くなっています。

ドッグトレーニングアドバイザーの活用について

ドッグトレーニングアドバイザーの資格は、もちろん仕事に活用することができ、犬の学校などを設立することができ、施設によって方針なども異なりますが、愛犬のしつけや成長をお手伝いするので、資格講座を覚えた技術も活かされていきます。

また、実際にドッグランやドッグカフェで役立ててる方や定期的に訪問して、しつけのトレーニングやアドバイスを行っている方もいらっしゃいます。

このように仕事にも活用に活かせるのですが、プライベートでも活かせるのがドッグトレーニングアドバイザーです。

自分の愛犬をトレーニングするために、ドッグトレーニングアドバイザーの資格を取得された方の口コミも実際にあるほどです。

トレーニングが上手にできるようになって、芸もたくさん覚えているという話もよく耳するので、犬とのコミュニケーションが豊富になるのでしょう。

犬のしつけに悩んでいる親戚や友人にもアドバイスしたりできるので、プライベートでも大いに役立つ資格です。
ドッグトレーニング ドッグトレーニング

通信教育講座  通信教育講座