ピラティス資格人気ランキング

資格

女性を中心にヨガとともに人気のエクササイズ「ピラティス」。姿勢が改善されるので、体のラインがきれいになり、バストアップもできるなど、さまざまなうれしい効果が期待できます。そのため、ピラティスを基礎から学んで、インストラクターを目指したいと考えている方も多いようですが、どのような資格を取得したらよいでしょうか。ピラティスは幅広い人たちを魅了しているエクサイズなので、教える側にもニーズがあります。そんなピラティスの資格を人気ランキングで解説していきます。

1位 ピラティスセラピーアドバイザー

体だけでなく心も同時に使うピラティスについての知識を有することを証明する資格です。具体的には、基本原則をはじめ、体の動かし方、集中力や創造力、呼吸法、心のコントロール法を理解していることの証明になります。また、日常生活での様々な姿勢の問題点や改善方法などについての知識が必要となります。資格を取得して、セラピーアドバイザーになると、カルチャースクールや自宅などで講師として活動を始めることが可能です。

また、この資格は受験資格が決められていないため、だれでも自由に受験できます。申請もインターネットから行えるので簡単。日本アロマメディカル心理セラピー協会のホームページ上で手続きを行います。在宅受験ができるので、地方在住の方も気軽に申し込めます。資格のための勉強は通信講座を利用すると、効率よく学べます。

2位 ピラティスエクササイズインストラクター

ピラティスエクササイズに関して、基本的な知識とスキルがあることを証明する資格です。具体的には、ピラティスの基本的な動きと効果、呼吸法などについて正しく理解できており、初心者向けのエクササイズから生徒一人一人に適したエクササイズ、プレピラティス、ピラティスエクササイズ、ピラティス後のストレッチまでを正しく実践できる人として認定されます。資格取得後は、インストラクターとしてカルチャースクールや自宅などで講師活動ができます。

受験資格はないので、だれでも受験することが可能です。日本インストラクター技術協会、通称JIAの公式ホームページで受験の申請手続きを行います。認定試験は自宅でも受験できることと、年6回定期的に行われているため、受験しやすいことも魅力です。効率良く勉強するには、通信講座の利用がおすすめです。

3位 ピラティスマットインストラクター

ピラティスにはマットの上で行うものとマシンを使って行うものがありますが、一般的にピラティスというと、体幹を鍛えることが目的のマットピラティスのことを指します。こちらの資格はマットで行うピラティス資格です。資格を取得するためには、スクールやスタジオで、インストラクター養成コースを受講し、ピラティスの歴史から、呼吸法、プレピラティスを含むさまざまのエクササイズなどを修得していきます。資格取得費用は、ピラティスマシンの資格より低く、マット1つから始められる気軽さも初心者の方におすすめです。

受講対象者は、スクールやスタジオにもよりますが、一般的には、ピラティス初心者から他のピラティス資格を持っている方、エアロビクスのインストラクターなど 幅広い方が受講できます。中には40代・50代の受講生の姿も見られます。

資格を取得すると、スタジオやフィットネスクラブ、またはカルチャースクールなどで講師として活躍できます。採用条件に資格所有者としているところも多く、資格を取得すると活躍の場が広がります。専用の道具が要らないため、資格を取ると、マットがあれば自宅やレンタルスタジオで教室を開けるのも魅力です。

4位 ピラティスマシンインストラクター

専用の機械や器具を使って行うマシンピラティスの資格です。機械というと少し難しいのではと思われるかもしれませんが、ピラティスが初めてという方でも高齢者の方でもトレーニングを効率的に行うこと可能です。

ピラティスマットの資格を取ってから、ピラティスマシンの資格を取得するのが一般的ですが、リハビリを中心に講師として活動したいとお考えの場合、まずピラティスマシンの資格を修得されると良いかもしれません。マシンピラティスを行うと、気になる体の部分などをより重点的に強化できるからです。療法士の方などはこちらの資格取得を目指すと、仕事上の専門性も高まり、ご自身のステップアップにもつながります。

マットピラティスもマシンピラティスも優れたメソッドですが、どちらの講師として活動したいかを考えた上で、最適な資格取得のコースを選ばれると良いでしょう。

5位 IBMA認定 ピラティスベーシックインストラクター

IBMA(国際ボディメンテナンス協会)が認定するインストラクターの資格です。3~1級まであり、3級はピラティスの基本的な知識、2級は深層筋の働きや用語など、1級は実際の指導法を学びます。講師が骨格模型や体を使って、ピラティスの理論を解説し、生徒同士でお互いの体に触れながら行う実践重視の資格コースです。ピラティスの基本的なエクササイズとインストラクションが効率良く習得できるので、すぐに現場で活躍したい方におすすめです。

資格コースの受講者には、ボディワークに従事していない方も多いですが、ヨガインストラクターやダンス指導者、整体師などの活動をしているさまざまな専門家の方も参加しています。