ブリーダー資格人気ランキング

芸能

ブリーダーとは、動物の命を扱う職業になるため、単純に動物が好きというだけでは勤まりませんが、動物の繁殖に興味があるなど、やる気があれば学歴など全く関係なく誰でも目指すことができます。出産に関わるため、動物に対する責任感や思いやり、世話をする根気強さを求められるブリーダーですが、非常にやりがいのある仕事でもあります。必要となる知識は幅広く「繁殖飼育学」「動物看護学」「ペット経営学」「犬種標準学」などを専門学校や通信講座で知識を身につけた後、資格を取得し、尚かつ現ブリーダーの元で経験を積むという流れが一般的なようです。資格は必須ではありませんが、持っていると経験を積むための就職が有利になります。

ブリーダーの資格はについて、ここでは上位4つをランキングでご紹介します。

1位 ペット繁殖インストラクター

ブリーダーに関する資格、人気第1位は「ペット繁殖インストラクター」です。資格の取りやすさ、費用、知名度、学べる内容などが評価されています。

この資格では、ペットの繁殖に関するインストラクターとして、犬や猫の繁殖方法について、交配方法やペットの妊娠周期、出産可能期間や種類別の繁殖注意点など様々な知識があること、またその知識について人に教えるインストラクターとしてのスキルを証明されます。

■資格の取り方は?

試験は2ヶ月に1回あり、自宅で受験することができます。受験料は10,000円。学び方は自分で選択でき、独学も可能です。自信がなく一度で合格を目指すなら、専用の通信講座で学ぶのもおすすめです。

■主催しているのは?

この資格を主催している日本インストラクター協会は、それぞれの専門分野の知識はもちろん教える力を中心とした技術のスキルを磨く資格を多数主催しており、ペット関連では「猫の健康管理インストラクター」などがあります。

2位 犬・猫ペットブリーダー

ブリーダーに関する資格、人気第2位は「犬・猫ペットブリーダー」です。

この資格では、犬や猫のペットブリーダーとして、犬や猫の繁殖に関する基本的な知識はもちろん、ブリーダーの開業に必要な開業準備についてのノウハウや、開業後の宣伝方法、取引や売買に関する諸々の業務や注意点などを詳しく理解していることが証明されます。

■資格の取り方は?

試験は2ヶ月に1回あり、自宅で受験することができます。受験料は10,000円。学び方は自分で選択でき、独学も可能です。自信がなく一度で合格を目指すなら、専用の通信講座で学ぶのもおすすめです。

■主催しているのは?

この資格を主催している日本生活環境支援協会は生活における技術のスキルを認定する資格を多数主催しています。ペット関連では「ドッグトレーニングアドバイザー」などがあります。

3位 ブリーディング技能師

この資格では「動物看護学」や「繁殖飼育学」などの専門的な知識を持ち、繁殖に望ましい環境を整え動物の繁殖を行なうことができると証明されます。

■資格の取り方は?

「財団法人職業技能振興会」の行なっている「ブリーディング技能師認定試験」を受験し合格する事で取得できます。試験日は4月、8月、12月の年3回、受験料は15,000円です。試験は在宅で受けることができます。

■主催しているのは?

この資格は、職業技能振興会が主催しています。

4位 ペット繁殖指導員

この資格では「経済活動としての繁殖」についての十分な知識と技能、また命を扱うにあたり、倫理観を身につけていることを証明されます。

■資格の取り方は?

主催団体の認定講座を受講すると取得できます。ヒューマンアカデミーの「ブリーダー講座」「ペット ビジネス総合講座」「ペットビジネスマイスター講座」が認定講座です。「ブリーダー講座」は、テキストや専用ポスターとDVDで学び、受講料89,250円です。その他、ライセンス交付申請料が12,000円かかります。

■主催しているのは?

この資格は日本ペット技能検定協会が主催しており、ペットビジネス参入の助けとなる資格が多数揃っています。

通信教育講座  通信教育講座