ペット繁殖インストラクター口コミ評判

芸能

ペットとして犬・猫を飼う場合、雑種を飼うこともできますが、自分の好きな種類の犬・猫を飼いたいという人も多くいます。ペット繁殖インストラクターは正しく交配を行い、健康な純血種を繁殖させるために必要な知識をもつ大切な資格です。

ペット繁殖インストラクターとは

ペット繁殖インストラクターは、主に猫や犬の繁殖方法について幅広い知識を有している方に認定される資格です。ペットの繁殖に関しては専門的な知識が必要であり、病気や、犬・猫の生物学的特徴についても詳しく理解している必要があります。交配から出産、出荷までの流れをしっかり把握しておかなければなりません。

ペット繁殖インストラクターの人気

ペットとして人気の高い犬・猫ですが、種類によっても人気が特に高いペットは多く、正しく繁殖を行うためにもペット繁殖インストラクターが必要となります。希少カラーの種類は特に需要が高く、繁殖が難しいため、ペット繁殖インストラクターなどの専門的な知識を持つ人が行う必要があるのです。ペット繁殖インストラクターは純血種や、健康な犬・猫を繁殖するのに欠かせない大切な資格なのです。

ペット繁殖インストラクターになるには

ペットを繁殖させる場合、むやみに繁殖させることはせず専門的な知識を用いて行わなければなりません。交配の方法として外部委託するのか人工授精するのか、両方のメリットデメリットも把握し、繁殖を行います。犬・猫の妊娠周期、交配から出産まで気を付ける点、オスメスの飼育割合についても知っておかなければなりません。犬や猫は人間より寿命は短いですが、最長15年ほど長生きするケースもあるため、死ぬまで責任をもってペットの世話をする終生飼育について考える必要があります。また、病気は取引不成立事由になる場合もあり、股関節形成不全や膝蓋骨脱臼などが例として挙げられます。その他にもペット繁殖の際にはラインブリーディングといって同じ血統を持つ同士での交配が重要視されます。種類によっては先天性の病気にかかるリスクもあり、また繁殖させる種類によって注意しなければいけない点も多くあります。同じ種類でも希少なカラーを持つ種類は人気が高いのですが、繁殖させるのは難しく、リスクも伴います。出産後も子犬が性格よくかわいがって育ててもらえるよう工夫しなければなりません。

猫も同じように繁殖の際には注意する点が多く、外で病気にかかったり妊娠したりしないためにも完全室内飼いが理想とされています。繁殖を行う際には、健康管理を怠ってはならないためワクチン接種が必要であり、食事管理もしっかりと行う必要があります。太りすぎていると妊娠の際のデメリットとなるので、繁殖はベストな状態で行わなければなりません。その他にも、猫の交配やスコティッシュホールドなどの劣性遺伝種繁殖を行う際の注意点などを十分に理解しておかなければなりません。このようにペット繁殖インストラクターには犬・猫の健康管理、交配から出産、などの流れをしっかりと把握しておく必要があります。

ペット繁殖インストラクターになるメリット

ペット繁殖インストラクターは動物の命を扱う大切な仕事であり、人間のエゴによって必要以上にペットが繁殖されることはあってはなりません。この資格を取得することで、適切な交配を行い、出産や出荷、ブリーダー業の準備について一連の流れを把握することができます。のニーズに合わせて繁殖を行うことができるので、とても大切な資格なのです。資格取得後は講師としても活躍できるので、ペット繁殖インストラクターとして様々な場所で正しい情報を発信し、活動することができます。

認定試験について

ペット繁殖インストラクターの資格は日本インストラクター協会により認定されている資格で、受験にあたっては特に資格を必要としません。受験料1万円(消費税込み)を払い、インターネットから申し込みをし、自宅で受験し解答用紙を送るだけなのでわざわざ受験のために移動する必要がありません。

動物が好きな方や、自身が犬・猫を飼っており、その経験と知識を生かしたいという人にもおすすめの資格です。ペット業界を陰から支えるやりがいのあるお仕事です。

通信教育講座  通信教育講座