マクロビオティックマイスター口コミ評判

芸能

マクロビオティックと聞くと精進料理と混合してしまう方もいるでしょう。質素な食事で厳しい食事制限があると思われている方もいるのですが、実はマイクロビオティックは日本人には馴染み深い食事を基本としています。野菜を豊富に使い肉類をあまり使わないところには共通するところがありますが、マクロビオティックとは考え方や調理法などが異なってきます。

マクロビオティックマイスターとは

マクロビオティックマイスターとはマクロビオティックの成り立ち、特徴などの基礎知識、マクロビオティックを行う際に気を付けることや、食材について十分に理解している方に認定される資格です。季節ごとにどの食材を食べるべきなのか、またそれら食材の効果・効能についても知識を身につけている必要があります。

マクロビオティックとは

マクロビオティックとは主に伝統的な日本食を中心とした、健康な生活を実現するための考え方、食事法です。玄米、雑穀米、発芽玄米、味噌、醤油など古くから伝わる健康食を取り入れ、また季節や環境にあった食物を食べることもマクロビオティックとされています。ギリシャ語でマクロ=大きい・長い、ビオ=生命、ティック=術・学を意味し、マクロビオティックは自然の摂理を取り入れた食事法であるため、体調を崩しにくく健康な体を手に入れることができます。多くの海外セレブが実践したとあり、マクロビオティックは海外から来たものだと間違われることもあるのですが、実は日本が発祥の国なのです。明治時代、石塚左玄という人物が食育の考えを日本に広め、マクロビオティックの三大理論の1つである「身土不二」を提唱しました。自分の住んでいる土地の食材を食べることに意味があり、食事を通して心と体を健康にする教えを説いています。これらの考えと、東洋の陰陽の理論を組み合わせて誕生したのが桜沢如一により提唱されたマクロビオティックの考え方・食事法です。

マクロビオティックマイスターになるためには

この資格を取得するためにはマクロビオティック自体についても知っておく必要がありますが、食べ物についても正しい知識を身につけておかなければなりません。三大理論である「一物全体」「身土不二」「陰陽調和」についても学んでおくことにより、マクロビオティックの効果をよりわかりやすく説明することができます。マクロビオティックの食生活では、季節ごとの栄養価の高い食材を食べることで体の中のバランスを整えることができるとしています。それぞれマクロビオティックに使われる食材にはどんな栄養価があり、どんなよい効果をもたらしてくれるかを把握しておくことにより、適切な食材を選ぶことができます。

マクロビオティックマイスターになるメリット

欧米化した食生活により日本食を食べる機会が減り、その結果、体に不調を持つ人も増えています。偏った栄養バランスは肌荒れ、便秘、体重増加などの様々な原因でもあり、病気の原因にもなります。マクロビオティックは「食養生」の考えにより生み出されたものであり、食を見直すことで体に変化が与えることができます。医療の進歩により、長生きできるようになった今でも、より健康的に長生きするためには栄養バランスの良い食生活をすることが必要です。それに加えマクロビオティックの食生活を実践することで体だけでなく、心も健康にすることができるので、日々を穏やかな気持ちで過ごすことができます。マクロビオティックは心と体の健康を保つ秘訣なのです。

認定試験について

マクロビオティックマイスターの資格は日本安全食料料理協会により認定されている資格で、受験資格は特にありません。インターネット申し込みで受験料1万円(消費税込み)を払い、自宅で試験を受けて答案を郵送するだけでよいので、どなたでも気軽に受験することができます。日本に昔から伝わる伝統的な和食を中心とした生活を送ることで心身ともに改善を図り、長生きするための秘訣にもなるマクロビオティック。日本食が好きな人や、健康・美容に興味がある人にはおすすめの資格です。

通信教育講座  通信教育講座