中華料理資格

中華料理資格人気ランキング

資格

ラーメンや炒飯、麻婆豆腐など日本でも馴染み深い中華料理。現在ではレトルト食品を中心として一般にも浸透していますが、やはり本格的な中華料理の味は格別。特に高級料理店の中華料理は一流のシェフによって時間をかけて作られており、家庭で再現するのは難しいものです。一言で中華料理と言っても四川料理や上海料理など地域によって細かく味付けも異なりますから、それらを覚えるだけでも苦労するのではないでしょうか。しかし、そんな中華料理の知識や技術をまとめて習得する事が出来る資格があるのをご存知でしょうか。ここでは、中華料理を覚えたい主婦や本格的な料理人の方におススメしたい中華料理の資格をご紹介します。

1位 中華料理ソムリエ

中華料理に関する知識・技術を一挙に習得する事が出来る中華料理ソムリエは、日本安全食料料理協会が主催している資格です。日本で分類される中華料理の代表的なものは、四川料理・上海料理・広東料理・北京料理の4つであり、これらはまとめて「4大料理」と呼ばれています。例えば四川料理であればとにかく香辛料をきかせた辛口の味、広東料理であればフカヒレスープやシュウマイなどが有名です。それら独自の料理について調理法や使われる材料、道具までも知識として覚え、最終的に自身で作る事を目指すのが中華料理ソムリエの資格内容となっています。また、料理を作る事だけでなく食べる際のマナー面まで学習内容としているのが特徴的。このため、資格取得後は中華料理に関してありとあらゆる知識を身に着けたまさにソムリエ級の実力を手に入れる事が可能なのです。趣味として中華料理ソムリエになるのも良いですが、資格を取得した後は自宅やカルチャースクールで講師活動を行う事も可能となっています。本場の中国人ですら身に着ける事が難しい本格的な知識・技能が網羅されていますので、既にプロとして活躍している料理人の方にもおススメ出来る資格だと言えるでしょう。

2位 中華料理調理インストラクター

中華料理調理インストラクターを取得すると中華料理に関する幅広い知識・技術を身に着ける事が出来ます。基本的には食材や調理法、レシピなどを中心として学習していきますが、料理だけではない幅広い内容が人気の秘密です。中国と言えば料理と並んでお茶も大変人気となっており、料理と一緒に提供されるのが一般的です。各中華料理に適切なお茶の合わせ方を学び、漢方や薬膳の効果を理解する事で更に中華料理に対しての見識が広がります。また、お酒や器など料理に関する内容がとにかく幅広くなっているのも特徴です。このため、中華料理の基本から応用まで徹底的に学びたいという方に向いている資格だと言えるでしょう。資格の認定や運営は日本インストラクター協会が主催しています。2か月に1回の頻度で試験が開催されていますので、忙しい方でも時間を作る事が出来るのではないでしょうか。中華料理調理インストラクターは主婦、そして料理人でも必ず自身のスキルアップに役立つ資格です。

3位 IPA中華料理技師資格試験

IPA中華料理技師資格試験は、一般社団法人である国際職業資格能力認定協会が主催する中華料理の資格です。国内の中華料理店の文化やメニューを学び必要なスキルを習得していく内容となっており、本場のものではなくあくまで日本で発展してきた中華料理の知識・技術を身に着けるのが目的です。資格には1級と2級、そして特級が存在しており中華料理の基礎から応用まで幅広く学んでいけるのが特徴的。受験の資格が設けられており、国内での2年以上の調理経験や調理専門学校を出ている事などが条件となります。国内の中華料理店で働くことを前提とした資格ですので、本格的に中華料理に関わっていきたいと思っている方が対象だと言えるでしょう。受験の条件があるため取得には時間がかかってしまいますが、これから自身の中華料理店を開きたいというような具体的な目標がある場合は取得して間違い無い資格です。
中華料理資格 中華料理資格