刺繍資格人気ランキング

資格

草花や動物、イニシャルやさまざまな模様を、多彩なステッチで無地の布地に表現する刺しゅうは、女性を中心に手軽に始められる趣味です。初心者でも取り組めるデザインから、高い技術と知識を要するものまであり、刺しゅうの世界は奥深いです。

刺繍を趣味として楽しむだけでなく、刺繍資格という肩書を持つことは、自宅やコミュニティで刺繍教室を開催したり、また展示会などで作品を販売したりする際にはアピールポイントとなるでしょう。さらには、手芸関係の会社に就職するためにも役立ちます。そんな刺繍の資格ですがいろいろあるため、どれを取得したらよいか迷うところです。そんな方のために、ここでは、刺繍資格をランキング形式でご紹介します。

1位: 刺繍アドバイザー

「日本生活環境支援協会」が認定する刺繍アドバイザー。刺繍の種類をはじめ、刺繍に必要な刺し方、刺繍糸や針など刺繍に使用する道具に至るまで、刺繍についての深い知識を有している人を認定する資格です。刺繍の種類と一口で言っても、フランス刺繍やビーズ刺繍をはじめ、リボン刺繍、コード刺繍、ミシン刺繍、クロスステッチなどさまざまな刺繍があり、奥が深いです。それぞれの刺繍の図案の書き方、また刺繍を活かした作品などの作り方も学べるため刺繍好きの方に人気のある資格です。

資格取得方法は2通りあります。一つは日本生活環境支援協会の公式サイトから試験の申し込みをして、自宅で受験をする方法です。試験は2ヶ月に1回実施されており、チャレンジの機会が多く、また在宅での試験なので、リラックスして臨むことができます。もう一つの方法は、所定の認定講座を受講後、卒業課題を提出すると試験が免除されます。プロ監修による講座なので、体系的に刺繍の知識を学べるため、しっかりと知識やノウハウが身につけられます。また、通常講座という形式もあり、そちらは卒業後に試験を受けて合格することで資格取得となります。

2位: 刺繍クラフトインストラクター

刺繍の資格では、「日本インストラクター技術協会」が主催する刺繍クラフトインストラクターも人気があります。名前が表すように、資格を取得すると、刺繍インストラクターとして、刺繍に関する知識や技能を指導できるレベルであることが認められます。

この資格は、さまざまの刺繍の種類、道具の知識があり、刺し方を理解できる方、さらに刺繍の図案が読めて、ご自分でも図案を考えることができて、刺繍の柄や色合いに合った作品ができる方に与えられます。

資格を取得するには試験を受けますが、在宅受験のためリラックスして受けられることがメリットです。また試験は2カ月に1回に実施されていますので、一度失敗しても、すぐに再挑戦できます。申込は公式サイトで行います。なお、試験を受ける方法以外にも、「刺繍アドバイザーW資格取得講座」などの特定の認定資格講座を受講することで資格が取得できます。講座では、卒業時に課題を提出すると、試験が免除され資格取得が可能です。通常講座もあり、こちらの場合はカリキュラム修了後に、試験を受ける必要があります。

3位戸塚刺しゅうの師範資格

戸塚刺しゅうの師範資格は、刺繍の技術、技法の研究、作品の企画など刺繍の普及に努めている「戸塚刺しゅう協会」が認定する刺しゅうの資格です。

指導資格を持っている師範会員の指導の下、初級、中級、上級と段階的に資格を取得していきます。さまざまな課題をクリアしながら、新しい刺し方、物品の扱い方を習得していき、各級において、課題作品の審査により認定を受けます。初心者でも針や糸の扱い方など基本的なことから師範会員が丁寧にレッスンをしてくれるので安心して始められ、刺繍の体系的な知識を正しく身に付けられます。自分の作品を見てもらえる作品発表会などの機会が豊富にあることも魅力です。

最終的に師範資格を取得すると、協会内で後進を育てていく役割を担うようになります。また、「戸塚刺しゅうの先生」として全国の様々な場所にある教室の先生として活躍することが可能です。特に刺繍を教える立場になりたい方が目指す資格として最適なのではないでしょうか。

4位: 日本手芸普及協会の刺繍師範資格

「日本手芸普及協会」は、手芸講師養成講座を全国で年間24日間開催し、4000名以上の手芸指導者を育成している公益財団法人です。刺しゅう部門の学習は、技法別に「区限刺しゅう」、「白糸刺しゅう」、「ステッチ100」の刺繍部門があります。それぞれの技法に本科、高等科、講師科、指導員のコースがあり、基本から応用までが学べるカリキュラムとなっています。各コースとも最短の履修期間は1年9か月です。指導員のコースが修了し、「師範養成講座」及び「指導者のためのアドバンスプログラム」を受講すると、刺しゅう部門最高位である「刺しゅう師範」の資格が得られます。

「日本手芸普及協会」の師範資格は、他の刺繍資格と比べて長時間を要するものであるため、資格を取得できると高い刺繍の知識や技術を持っていることの証となります。資格を取得して師範になると、協会のカリキュラムの中で講師として指導することができるようになり、さまざまな生徒さんの成長に関われます。また、自宅で生徒さんを集めて教室を開く際にも、刺繍師範の資格により、熟達した技術をアピールできます。