夫婦心理家族心理資格人気ランキング

夫婦心理家族心理資格人気ランキング

資格

「夫婦って何?家族って何?」社会で家族の問題がクローズアップされるようになり、夫婦や子供も含めた家族について悩んでいる方が増えています。そこで求められるのが夫婦心理家族心理に熟知した相談者です。夫婦心理や家族心理についての知識やスキルを習得して悩んでいる方々のために相談に乗ったりアドバイスをしたりすることができる夫婦心理家族心理資格についてご紹介します。

1位:夫婦心理カウンセラー

夫婦や家族にとってカウンセラーの存在は、時として非常に重要なものになります。夫婦心理カウンセラーは、様々な問題を抱える夫婦や家族関係に心理学を応用してカウンセリング、アドバイスをすることができる資格です。この資格は、心のケアを中心とした技術の各スキルについて多くの資格を認定している日本メディカル心理セラピー協会が認定しています。

夫婦心理カウンセラーの資格取得の勉強では、問題を抱える夫婦や家族関係の修復のためのカウンセリングを行う技法について詳しく学びます。今社会問題になっているDVや虐待、浮気などの諸問題についての正しい知識、子育てや教育について問題を抱える親子のカウンセリング手法などについては特に重要なこととして学んでいきます。

これらの知識やスキルを学ぶ方法としておすすめできるのが通信講座です。諒設計アーキテクトラーニングが開講している夫婦心理カウンセラーW資格講座では、夫婦心理カウンセラーと、第2位でご紹介する家族心理カウンセラーの2つの資格を同時に取得できる講座になっています。ここで、通信講座で学んで夫婦心理カウンセラーの資格取得された方の評判をご紹介します。

『私は、ある福祉関係の施設で働いています。そこでは夫婦の問題によく直面します。DVを感じさせるようなお話や子育ての悩みを耳にして、私自身がもっと知識を得て力になれないかという思いで、通信講座で夫婦心理カウンセラーの資格を取得しました。ある程度の知識がありましたが、カリキュラムが初心者にもわかりやすく学ぶことができるようになっていましたので、働きながらでも無理なく学ぶことができました。

私たちのようにいろいろな家族と関わる仕事においては、夫婦関係や家族関係での気づきを察知します。そこで、私のような立場の者が専門的な知識やスキルを持って関わってあげられることは非常に重要なことだと感じています。』

夫婦や家族の問題は当事者だけで解決することは難しいです。夫婦心理カウンセラーの資格取得をすることによって、心理的な部分でのカウンセリングが可能になり、一人でも多くの人のために問題解決に導いてあげられるのです。

2位:家族心理カウンセラー

家族心理カウンセラーは、日本インストラクター技術協会が資格認定しています。夫婦間や親子関係での家庭における諸問題について、心理的な部分での知識やスキルを持ってカウンセリングを行います。また、家族との関わりが多い学校や病院、福祉施設などで働く方々にインストラクターとして、関わり方についてのアドバイスができるようになります。この資格を取得して講師活動をされている方をご紹介します。

『私は家族心理カウンセラーの資格を取得して、自治体のカルチャースクールで講師活動をしています。私の妹の離婚がきっかけになり、私自身が夫婦や家族についてもっとアドバイスできるようになりたいという思いから資格取得に臨みました。

定期的に講演会を開いていますが、出産に伴うパートナーのあり方についてお話したときに、多くの悩みが寄せられたことには驚きました。結婚して出産すると、その喜びよりも日常のファミリーのあり方の問題がいろいろと発生しているのです。そして、別居や離婚を考えるようになるという悪循環が生まれます。今私はそういう方々のために、心理的な部分で心の支えになってアドバイスを送り続けています。』

今抱えている問題に対してパートナーやファミリーが円満になるように、家族心理カウンセラーの役割は非常に重要です。夫婦、親子、家族などの問題にしっかりと向き合って、その事例をもとにした講演会を開いたり、カウンセリングをしたりしていきます。

3位:家族療法カウンセラー

一般社団法人 日本能力開発推進協会が認定する家族療法カウンセラーは、「家族関係」という重要な要素について、心理学を基にしてカウンセリングを行うことができるようになる今注目されている資格です。家族の問題は家族全員で解決するというスタンスで、資格取得で学んだ専門知識やスキルを持ってカウンセリングにあたります。

プロの家族療法カウンセラーのアドバイスを受けながら4ヶ月という短期間で資格取得をすることができます。多くの場面を想定してケーススタディを実施していきますので、わかりやすく即戦力を身に付けることができると評判になっています。

家族療法カウンセラーの資格は、教育現場で働く方や児童福祉施設で子供と関わることの多い方が、自らのスキルアップとして取得されているケースもあります。「家族関係」を心の問題として捉え、カウンセリングを行うという重要な役割を果たす資格として注目されています。

4位:夫婦カウンセラー

夫婦関係の問題は、なかなか人には言えないことが多いです。そういう方が頼りにするのがカウンセラーの存在です。夫婦カウンセラーは、医療、福祉などにおいて心理面からサポートできる資格を多く認定している、一般財団法人 日本能力開発推進協会が資格認定しています。

多くの夫婦が離婚という選択をされる中で、その選択に対して後悔をされているカップルも多いのも事実です。夫婦の問題が発生したときに、アドバイスやカウンセリングを受ける機会があれば解決できたのではないかというケースも多いです。しかし、今夫婦間の問題を相談できる機関が少ないのも事実です。

この夫婦カウンセラーの資格取得の勉強では、夫婦間に起こる様々な問題について詳しく学び、心理的な援助技術を習得して対応にあたることができるようになります。カウンセラーとして仕事をされている方がそのスキルアップとしてこの資格を取得されている場合もあります。

5位:家族相談士

子供が家族の時間を大切にすることを目的に、学校週5日制のきっかけとなった1992年に「家族への心理的な支援ができる人材育成」が急務であるとして、日本家族心理学会と日本家族カウンセリング協会が協同して家族相談士という資格制度を開設しています。家族の問題をあらゆる面から考えて助言できる人材として資格取得者が全国的に活動しています。

「家族は家族だけの問題ではなく、家族を取り巻く社会にも目を向けて、相互関連的に捉えて家族を支援していくこと」を家族相談士の役割として位置づけられています。家族相談士は時代が要求する資格であるといっても過言ではありません。

このように、家族相談士の役割は大きく、学校現場や病院、福祉関係の職場においても活躍されています。各地で「家族」をテーマとした講演活動されている方もおられ、これからの時代に必要とされる資格と言えます。

まとめ

子供も含めた夫婦の問題に正面から関わっていくことのできる夫婦心理家族心理資格についてご紹介しました。相談、支援を求める夫婦、家族は、やはり第三者である夫婦心理家族心理のプロに助けを求めています。資格取得をして夫婦や家族を救ってあげましょう。
夫婦心理家族心理学資格 夫婦心理家族心理学資格