人気ランキング

建築材料インストラクター認定試験口コミ評判

芸能

建築物に関して、一般の人は目に見える部分(間取りや外装)には興味があり、色々確認しますが、壁の材質や断熱材などに関しては、施工会社を信用するだけで実際にどうなっているか疑問視しないですよね。その結果施工会社が設計書と異なる建築をして、あとで問題になっているマンションや戸建は毎年結構発生しています。大型マンションですら、欠陥住宅として問題になりましたね。今は他人をあまり信用できない時代です。なので、ある程度は自分でも知識を持ち、自分の高い買い物に後悔が無いようにしたいですね。

建築材料インストラクターとは?

建築に関する構造用材や内外装仕上げ材、性能維持材などで素材の種類にどんなものがあり、それぞれの材料に関しての性質を十分理解している人を日本インストラクター協会が認定する資格が建築材料インストラクターです。

この資格を取得すると、カルチャースクールなどで講師活動ができるようになりますので、これからマンションや戸建の購入を考えている人の強い味方になれるでしょう。家は一生でもっとも大きな買い物ですから、失敗の無いように、自分で知識を付けて守っていきたいところですね。

建築材料インストラクターになるには?

まず現在建築関係の仕事に就いている人は、資格を取得するだけで自信につながると思いますので、いきなり日本インストラクター協会の試験を受験することをお勧めします。受験資格は特にありません。インターネットで申し込むと自宅に問題用紙と解答用紙が送られてきますので、それを解いて返送するだけです。

まだ建築関係に縁のない人は、一から勉強した上で資格を取得したほうが良いでしょう。勉強にあたっては通信教育がお勧めです。なぜなら勉強を全て自分のペースでできるからです。現在会社などで働いている人は、これから新しいことを勉強するにしても会社を休む訳にいきませんし、毎日残業でいつ終わるか不明なため仕事帰りに定期的に学校に通うことも難しいですよね。そこで通信教育なのです。自宅に必要な教材が全て届くので、どんなに仕事が忙しくても自宅で勉強できるのであれば、気にする必要がなくなります。しかも必要な知識に特化した教材が沢山届きますので、効率良く勉強できます。そして不明な点があれば、都度メールで専属の先生に聞けるので相手の時間的な都合を意識せずに自分のペースで学習できるのです。また通信教育によっては、最短2ヶ月で資格が取得できると宣伝しているところもあるので、集中的に勉強すればそれぐらいの短期間で可能ということです。さらに通信教育の講座を卒業するだけで資格試験を免除して資格の取得が可能となるものもあるようです。その辺を上手く活用していけばより効率良く資格が取得できるでしょう。

建築材料インストラクター認定試験の口コミ評判は?

「今マンションに住んでますが、プロの目から見ないと分からない手抜き工事がいくつかあり、知らなかったら怖いものもあったので、知識を身に付けて良かったと思いました。」とか「これから戸建を建設するにあたり、施工主である自分の知らないところで色々決まるのが嫌だったので資格を取得しました。今は細かい点まで全て自分で把握して建設してもらっているので、建築後は安心して暮らしていくことができると感じています。」など、知ることで安心に繋がったという声が沢山聞こえました。アナタも知らない恐怖から抜け出し、知った上で安心して暮らせる家を目指しませんか。

通信教育講座  通信教育講座