パン

手作りパン資格人気ランキング

資格

最近はごはんよりもパンを主食にしている人も多くいると思います。町のパン屋さんでしかパンを買うことが出来なかった時代から、コンビニやスーパーで気軽にパンを買うことが出来る時代になりました。コンビニやスーパーのパンでもクオリティーが高いものもたくさんあり、パンもかなり身近なものになりました。でも、やはりパンは出来立てが一番ですよね。出来立てを作るには家でパンを作るしかありません。そこで、おいしいパンに関する資格を紹介していきます。

1位 手作りパン健康ソムリエ

手作りパン健康ソムリエは、日本安全食料料理協会によって制定された資格です。手作りパン健康ソムリエは、日本のパンや世界のパンなど、あらゆるパンに関する知識を有しており、現代のパンに関する知識のみならず、パンの歴史やパン作りに使用する器具に関する知識など、パンに関する幅広い知識を持った人に与えられる資格です。パンの原料となる小麦粉や天然酵母、イーストの種類や、発酵の過程や手順、さらには様々な製法などのパン作りには欠かせない知識が必要とされます。在宅で受験することが可能で、誰でも簡単に取得することが出来る資格ですが、飲食関係の仕事に従事している人にとっては役に立つ資格であるといえるでしょう。

2位 パン・ベーカリーアドバイザー

パン・ベーカリーアドバイザーは、日本インストラクター協会が発行している資格です。パン・ベーカリーアドバイザーの資格保有者は、パンの種類や製法に関する幅広い知識を要していて、なおかつ、実際にパンを作る際に重要となるポイントや手順など、実践的な技能を有している必要があります。食事パンや調理パン、バラエティブレッドとおやつ班の分類など、事細かな分類をできることも、パン・ベーカリーアドバイザーの資格を取るためには必要になります。さらに、パン作りが上手くいかないときの対処法など、実践的な技能も必要とされるため、資格取得後には講師としてパン教室を開催したり、自宅でより実践的なパン作りを行うことが出来ます。

3位 おうちパンマスター

おうちパンマスターは、その名の通り、忙しい主婦でも、全くの初心者でも誰もが気軽にパンを作れるようになることを目指し、取得する資格です。自分の家族や友人などに気軽にパンを作ったり、幼稚園や保育園などでボランティアのパン教室を開催したいなど、身近なパン作りをしたい初心者の人におすすめな資格です。おうちパンマスターの資格認定を受けるためには、通信講座教室を受講するか、認定教室に通うかのどちらかです。決してハードルの高いものではなく、初心者に向けたための資格であるため、仕事で使うのにはあまり役に立たない場合もありますが、私生活では非常に役に立つ資格であるといえるでしょう。

4位 パンアドバイザー

パンアドバイザーとは、日本野菜ソムリエ協会が発行している資格です。パンアドバイザーは、パンを作る人に向けた資格というよりは、パンを食べる人のためにある資格です。パンが大好きで、パンをこよなく愛している人がとるとよい資格で、パンを食べた際の感想を「モン・カルネ」というノートに記録をして、パンの味を豊かに表現できるようにすることが目的になります。だれでも受講することが可能な資格なので、気軽に取得するのも良いかもしれません。

5位 パンコーディネーター資格

パンコーディネーター資格は日本パンコーディネーター協会が発行している資格で、3段階に分かれています、それぞれのパンの特徴をしっかりとつかんで食べ合わせなどを提案し、パンの魅力を最大限に引き出すことが求められる資格です。こちらの資格は、いずれの場合も講座の受講料が約10万円程度かそれ以上かかるので、気軽に受けられる資格ではありません。

6位 パンシェルジュ検定

パンシェルジュ検定とは、パンシェルジュ協会によって発行されている資格で、パンの製法や歴史など、パンに関する幅広い知識を有した人のみが取得することのできる資格です。パンシェルジュの認定試験が2009年に開始されて以降4万5000人もの人が資格を取得している人気資格です。こちらの資格も3段階に分かれています。
手作りパン資格 手作りパン資格