水彩資格人気ランキング

資格

水彩画は手軽に始めやすい絵画として以前から人気のあるアートです。顔料という水彩専用の絵の具を水で薄め、色を塗って絵を描いてく技法です。油絵のように何層にも色を重ねて描くのではなく、数色の淡い色を重ねることで透明感のある絵に仕上がることが特徴です。そのため、絵の具の薄め方や色の作り方などが、水彩画では重要なスキルとなります。独学で始められている方も多いと思いますが、水彩資格にチャレンジすることで、初心者の方も、静止画や風景画、人物画を水彩で描けるようになり、楽しさが実感できるでしょう。水彩画を長年描きつづけてきた方も、最初から体系的にきちんと学ぶことでステップアップが可能ですし、自宅で教室を開いて指導するなど趣味に留まらず、仕事として資格を役立てることができます。そんな方々を応援するために、ここでは、人気の水彩資格を2つご紹介します。

1位: 水彩アーティスト    

日本デザインプランナー協会が認定する水彩アーティストは、芸術系の資格の中でも特に人気がある資格です。水彩の基礎知識や技法、構図の捉え方などについての基本的な知識を習得していることの証となります。例えば、水彩画で使用する絵具やモチーフの種類、用紙や筆の選び方など、水彩画に必要な道具の基礎知識についても理解できていることが求められます。

本格的な水彩画について学ぶことで、初めての方でも水彩画に親しむことができます。特に、水彩画の絵具の混ぜ方や色の作り方、配色などは、水彩画の経験者でも悩む部分ですが、正しい方法を知っていると趣味として続ける場合にも仕事に活かす場合にも強みとなります。水彩画の特徴として日本画らしい表現もできるため、和と洋の表現の違いについても身につけられます。知識だけでなく、実際に描きながら、水彩画の方法を上達させることができるのが魅力です。上達していくと自分らしいオリジナルの絵を描けるかどうかがポイントになるでしょう。

仕事で忙しい方でも、少しの隙間時間で勉強することが可能です。初心者の方でも、2~3ヶ月程度あれば、水彩アーティストの資格を取得できるでしょう。手軽で誰にでも挑戦できる資格のため人気の資格となっています。資格取得後は、絵画関係の仕事などで活躍することも可能ですし、自宅で水彩画の講師として活躍する際には、資格があると生徒さんも集めやすいでしょう。定年退職後に、資格を取得して、第二の人生として、カルチャースクールで講師活動を始め、生きがいを見つけられた方もいます。

試験の申し込みは、日本デザインプランナー協会の公式サイトから行うことができ、在宅で試験を受けられるため、外出が難しい方でもチャレンジできます。2ヶ月ごとに1回実施されていますので、受けやすい日程を選びやすいこともメリットです。認定試験に合格するには、70%以上の評価が必要です。答案は必ず期限を守って送りましょう。

2位: 水彩画インストラクター

日本インストラクター技術協会が認定する水彩資格で、水彩画を描く際のテクニックについて十分な知識を有していることを証明するものです。例えば、水彩画を描く手順、静物画・風景画・人物画それぞれの描き方、陰影の技法と描きこみ、水や光、空の表現方法、構図の決め方、デッサンなど、基本から応用までのスキルがあることの証となります。このような水彩画を描く際に必要な実践的なテクニックが身につくと、自分の描きたいものに合わせて絵を描く技能を格段に向上させることができます。

水彩画は初心者の方でも始めやすい絵画ですが、一方で上達するのが難しい絵画としても知られており、絵の具の色の出し方や、正しい塗り方を知らない方が多いのも事実です。しかし、水彩画は多くの人に親しまれているため、もっとスキルアップしたいと思っている方が多いでしょう。そこで、資格取得のために一から勉強されることをおすすめします。水彩画を始めたばかりでまだ描くことに慣れていない方、日常的に水彩画に親しんでいる経験者の方、絵に関する資格を取得したい方など、幅広い方に対応できる資格です。

資格取得後は、さまざまな場でインストラクターとして水彩画の指導をすることができるでしょう。自宅で生徒さんを集めてもいいですし、カルチャー教室でクラスを担当する道も開けるでしょう。絵画に関する仕事や学芸員の方にとっても、資格を持っていると、より正確な知識が身につくため、さらに自信を持って仕事に臨めるでしょう。近年では、水彩画は気軽に楽しめることでますます人気が高まり、コミュニティやカルチャーセンターの講座などで水彩画を受講して学ばれている方が多くなってきているため、需要の高い技能といえます。

資格を取得するための認定試験は、水彩アーティストと同様にインターネットから申し込み、在宅で受験ができるのが魅力です。70%の合格基準を満たして合格するためには、試験の概要をしっかりと確認しておきましょう。認定試験は定期的に実施されていますので、都合の良い日程が選びやすいのもメリットです。合否発表は翌月には届きます。