洋食エキスパート口コミ評判

芸能

洋食エキスパートとは

洋食エキスパートの資格は洋食の基本的な知識から、作り方やレシピなど実践的な知識まで、洋食について幅広い知識を有している方に認定される資格です。日本の洋食の歴史、洋食で使用される食材、調味料についての知識、ソースやレシピなどについても詳しい知識を持っていなければなりません。洋食は基本的に西洋料理のことを指すのですが、日本人向けに開発された料理のことでもあります。日本はもともと日本食が基本であり、明治時代頃に西洋の文化は入ってき、日本の食文化に変化をもたらしました。オムライスやナポリタンなど、洋食と思われているものは実は日本食であったりと、日本での洋食の歴史はとても特徴的なのです。洋食エキスパートはこれら日本の洋食の歴史について正しい知識を有している必要があります。

洋食エキスパートになるには

洋食は日本で食べられている西洋風の料理を意味します。実際に西洋で使用されている食材と日本で洋食に使用されている食材には味の違いがあるため、それらの違いについても理解しておく必要があります。おなじレシピでも原材料によって風味が違ったり、またその土地に合わせてアレンジされることもあるのでそれらについても理解しておく必要があります。また、洋食のマナーや、使用される道具について、包丁、フライパン、ソースパン、鍋の正しい使い方についても把握しておく必要があります。洋食で使用する様々な種類の調味料、食品についても十分な知識を持っており、洋食の下準備、焼く、揚げる、煮込む、仕上げなど洋食の調理方法についても一通りできるようにならなければなりません。洋食にもさまざまな種類のソースがあり、基本的なソースの作り方を身につけておくことで、好みに合わせてアレンジを加えることができるようになります。資格を取得するには、知識を生かして実際に調理する実践的な能力も必要になるので、ある程度料理の経験があると認定試験のために勉強をする際に内容がわかりやすいでしょう。

洋食エキスパートになるメリット

洋食エキスパートの資格は洋食の基本的な知識だけでなく、実践的な知識を身につけることができるため様々な分野で活躍することができます。洋食は日本で発展したユニークな食文化でもあるので、その点に注目して新たなキャリアを始めることもできます。洋食についての知識を生かし、レビューや記事を書いたりする批評家や、実践的な技能を生かし洋食のお店を開くことも可能です。自身の知識と経験を生かして新たにメニューを考案し、本を出版することもできるでしょう。飲食関係の仕事に就職を考えていて、自身のために知識を生かしたい方にも役に立つ資格です。このように洋食エキスパートの資格を取得することで、将来の可能性は大いに広がります。仕事関係ではなく自身の為に生かすこともでき、主婦の方でもっとレシピの幅を広げたいという方も取得することができます。

認定試験について

この資格は日本安全食料料理協会により認定されている資格です。受験にあたって必要な資格は特になく、受験料1万円(消費税込み)を払いインターネットから申し込みができます。自宅で試験を受け、解答用紙を返送するだけで受験することができます。基本的な知識だけでなく実践能力も必要とされることから、受験には十分に勉強をして挑む必要があります。料理の経験があまりない方は実践の際につまずくこともあるかもしれませんが、少しずつ勉強し、実践を重ねれば資格取得は可能ですので基礎的な部分から順番に勉強していくことをおススメします。認定試験は年に数回行われているので、自分のタイミングで受験に挑むことができます。

この資格は洋食についての実践的な知識を活用することができるので実際に料理をする分野でも活躍することができます。専門的な知識を生かし活躍する場の多い洋食エキスパートの資格は料理に興味がある方や、自分のお店を開きたい方にぜひ挑戦してほしい資格です。

通信教育講座  通信教育講座