洋食資格人気ランキング

芸能

洋食は、和食や中華と並んで日本人の食卓に定着しています。洋食と和食は色々な面で比較されることが多く、健康面ではやはり和食がいいと言われがちです。確かに日本人の体質に合っていることやカロリー面、栄養バランス面で総合的に和食の方が優位に立ちますが、特に子どもなどは洋食が大好きです。これはやはり美味しいから、という単純な理由です。大好きな洋食をもっと健康的に取り入れる方法はたくさんあります。最近では洋食と健康についての知識を認める資格も多数あり、仕事に活かしたいという人から、家庭で役立てたいという人も取得しています。

ここでは資格の取りやすさ、価格、口コミなどから上位4位をご紹介します。

1位 洋食エキスパート

洋食に関する資格、人気第1位は「洋食エキスパート」です。資格の取りやすさ、費用、知名度、学べる内容などが評価されています。

この資格では日本での洋食の歴史や道具や調味料、食材、マナーなど幅広い基礎知識と、洋食で使用するソースの作り方、洋食の下準備から仕上げの方法までをマスターしていることを証明されます。

■資格の取り方は?

試験は2ヶ月に1回あり、自宅で受験することができます。受験料は10,000円。学び方は自分で選択でき、独学も可能です。自信がなく一度で合格を目指すなら、専用の通信講座で学ぶのもおすすめです。

■主催しているのは?

この資格を主催している日本安全食料料理協会は、食品・料理に関する資格を多数主催しており、知識や技術が十分にあることを認定しています。洋食に役立つ資格としては、「お肉グルメマイスター」などもあります。

2位 健康西洋料理インストラクター

洋食に関する資格、人気第2位は「健康西洋料理インストラクター」です。洋食を作る際の食材(肉、魚、野菜、バター、チーズ、塩、小麦粉、ハーブなど)についての知識を身につけており、食材の特徴に合わせた調理法を考案できることを認定されます。具体的なレシピとしては、オムライスやハンバーグ、エビフライ、ビーフシチュー、コロッケ、ナポリタン、グラタン、ミートパイなどを正しく作ることができます。また、それらの知識に関して人に教えられるインストラクターとしてのスキルも認められます。

■資格の取り方は?

試験は2ヶ月に1回あり、自宅で受験することができます。受験料は10,000円。学び方は自分で選択でき、独学も可能です。自信がなく一度で合格を目指すなら、専用の通信講座で学ぶのもおすすめです。

■主催しているのは?

この資格を主催している日本インストラクター協会は、それぞれの専門分野の知識はもちろん教える力を中心とした技術のスキルを磨く資格を多数主催しています。洋食に活かせる資格として「野菜パティシエ」などもあります。

3位 西洋料理テーブルマナー講師認定試験

この資格では西洋料理の歴史や伝統、現代に即した食事中のマナーを理解し、実践することができると証明されます。

受験資格が厳しく、主催している協会の個人会員であること、満28歳以上であることや、他に飲食関係の仕事歴や専門学校での講師歴などいずれかの条件を満たしているなどがあります。

■資格の取り方は?

受験資格を満たしていれば、セミナーに参加し配布される資料から出題される試験に合格することで取得できます。

■主催しているのは?

この資格は日本ホテル・レストランサービズ技能協会が主催しています。

4位 フードスタイリスト

この資格は洋食に限定されたスキルではなく、食品撮影の現場で食材や料理をより美味しそうに演出するスタイリング技術を認める資格です。資格は3級から1級までレベル別になっており、3級から順に受験する必要があります。

■資格の取り方は?

3級の受験料は一般で15,000円、認定登録料は20,000円です。検定本を購入し学習します。試験は年1回、試験会場は全国3カ所となります。

■主催しているのは?

この資格を主催している「日本フードライセンス国際協会」は、食業界の雇用拡大や活性化を目的としており、食関連の資格を複数主催しています。

通信教育講座  通信教育講座