焼酎セレクトアドバイザー口コミ評判

芸能

お酒好きならば焼酎の大まかな種類について知っている方は多いと思いますが、焼酎の製造方法やそれぞれの種類の特徴、相性の良い料理についてまで詳しく知っている方はあまりいないでしょう。色んな楽しみ方のできる焼酎ですが、焼酎についての知識を深めることによりさまざまな方法で焼酎の良さを引き上げることができます。

焼酎セレクトアドバイザーとは

焼酎セレクトアドバイザーとは、焼酎の基礎知識に加え、目的に合った焼酎選び、飲み方や、お酒に合う料理選びなど焼酎について幅広い知識を身につけている方に認定される資格です。またこれらの知識を生かしアドバイスできる能力も必要になります。焼酎の原材料には芋、米、麦、胡麻、蕎麦、しそなどの種類があり、それぞれの種類の焼酎に合った飲み方のアドバイスができるのも焼酎セレクトアドバイザーの資格に必要な能力の一つです。焼酎についてだけでなく、雰囲気作りやおもてなしの仕方など焼酎のいろんな楽しみ方を提供するのも必要な要素になります。

焼酎についての知識

焼酎は奥が深く、製造方法も時間がかかり複雑なものであり、製造される土地によっても風味は変わってきます。製造方法は原材料によっても少し変わってきますが、基本的に仕込み、一次発酵、二次発酵、蒸留、貯蔵、熟成、瓶詰の順に行われます。はじめの工程で麹菌を繁殖させる工程を製麹と呼び、焼酎造りの大事な作業の1つです。また、蒸留してすぐの焼酎はまだ出荷するのには早いため、1~3か月貯蔵する必要があります。貯蔵熟成するときの容器の種類や保管場所、貯蔵方法によっても風味や味の違いに影響してきます。このように、小さな違いによりそれぞれの銘柄の焼酎に特徴をもたせることができ、風味や味の決め手ともなります。現在ではすべての作業を機械で行うとこもありますが、昔ながらのやり方で職人さんが行うところもあります。原材料からそれぞれの工程まですべてが同じでないところが焼酎の奥深いところなのです。これらの知識を身につけていることで質のいい焼酎を選ぶ方法を知るため、資格取得の際にも役に立ちます。

焼酎セレクトアドバイザーになるためには

焼酎セレクトアドバイザーの資格取得にあたり大切なのは知識を増やすことです。焼酎の製造方法や原材料について十分に理解していれば合格することができます。特に焼酎の製造方法は原材料や場所によっても変わってくるので、大まかな工程を覚えて、それぞれの細かい違いをあとから学ぶと理解しやすいです。この資格は日本インストラクター協会により認定されている資格で、インターネットから申し込みができます。受験料1万円(消費税込み)で在宅受験が可能なのでお仕事が忙しい方でも受験することができます。

焼酎セレクトアドバイザーになるメリット

この資格を取得するメリットはいくつかあり、焼酎を使って様々なお酒の楽しみ方を知ることができるということです。色んな種類の焼酎について知っておけば、自然とお酒に合う料理を思いつくことができます。飲食関係の仕事に携わっている方には、メニューの開発やお酒の選び方に生かすこともでき、多くの人によりおいしい焼酎の味わい方をアドバイスすることができます。例えば米焼酎には日本酒に合う料理であれば、たいていは合います。原材料が同じ米からできた味噌や豆類の料理とも相性が良いです。芋焼酎は香りが強いため、しっかりと味付けしてある料理と相性が良く、油を使用している料理とも合います。揚げ物や味噌で味付けしてある料理などが良く、またチーズ系の料理ともよく合います。それぞれの焼酎の種類の特徴に合わせて料理のレシピを考えることもできるのでとても役に立つ資格です。焼酎の飲み方にもソーダ割り、水割り、お湯割り、ウーロン割りなどがあり、人の好みによって割り方や、濃さなども変えることができます。また各種類の風味を生かしてオリジナルカクテルを作ることも可能です。飲食関係のお仕事をされている方には自身のステップアップの為にも、お酒が好きな人にはより焼酎を楽しめる機会を与えてくれる取得して損のない資格です。

通信教育講座  通信教育講座