焼酎セレクトマイスター口コミ評判

芸能

お祝いをするときや、宴会などの席には欠かせないお酒ですが、焼酎は特に種類が多く様々な楽しみ方ができるお酒の1つです。割り方も様々で、濃さも調節できるので自分の好みに合わせて飲むことができます。焼酎に関しての歴史や特徴を学ぶことで、お酒を味わう際にまた違う楽しみ方を味わうことができます。

焼酎セレクトマイスターとは

焼酎セレクトマイスターとは、焼酎についての詳しい知識を持つ方に認定される資格です。焼酎の歴史、製造方法、それぞれの原材料に関する知識などについて十分に理解しておくことが必要になります。焼酎は同じ種類のものでも、その土地の気候や水などの要素の違いで少しずつ風味が変わってくるので、それぞれの環境や製造方法の違い、特徴についても詳しく知っておくことが求められます。割り方にもソーダ割り、ロック、水割り、お湯割り、ウーロン割りなどがあり、人それぞれの好みも考慮したうえで焼酎の味に合わせた最適な飲み方を提案できる能力も身につけている必要があります。

焼酎について知る

他のお酒と同様、今や多くの人から愛される焼酎ですが、その起源は定かではありません。14世紀中ごろにシャム(現在のタイ王国)から琉球を経由して焼酎造りの技術が伝わってきたといわれています。16世紀に残された記録には、その頃日本ではすでに米焼酎が飲まれていたとの記述があり、このころにはすでに焼酎は日本に広まっていたと思われます。技術の進歩により多くの種類の焼酎が大量に生産され、現在の焼酎のあり方は時間とともに形成されたものであり、その歴史はとても長いのです。

原材料も様々で、米、麦、芋、胡麻、そば、しそ、などがあり、これらを発酵させ熟成させることにより焼酎が作られます。製造工程はかなり複雑で、原料の選別、製麹、蒸留、熟成、瓶詰まで丁寧にぬかりなく行われます。現在では作業を機械化しているところも多いのですが、こだわりをもって焼酎を製造するところでは、一つ一つの工程を職人さんが手作業で行うため、より質の高い焼酎をつくることができます。仕込みの際に使用する水や原材料にもこだわるところでは他では味わえない焼酎を製造することができます。原材料が同じ焼酎でも作り方によって風味が変わるとことも焼酎の奥深さです。

焼酎セレクトマイスターになるためには

焼酎セレクトマイスターの資格を取得するには焼酎についての幅広い知識を身につけておく必要があります。焼酎に関する歴史や製造方法はもちろんですが、その楽しみ方についても正しい知識を身につけておかなければなりません。それぞれの焼酎の種類の風味に合わせた飲み方や、相性の良い料理についても知識を持っているとよいでしょう。この資格は日本安全食料料理協会により認定されている資格で、インターネットより受験の申し込みができます。受験資格は特にないため、受験料1万円(消費税込み)を払えば誰でも挑戦することができます。2か月ごとに試験を実施しており、受験方法は在宅受験なので、仕事が忙しい人でも時間を見つけて受験することが可能です。

焼酎セレクトマイスターになるメリット

この資格は焼酎に関するさまざまな知識を必要とするため、いろんな場面で役に立つ資格です。飲食関係に携わっている方ならば、焼酎の種類に合った飲み方や料理を提供することができ、また焼酎に関する豆知識でお客様に楽しんでもらうこともできます。好みに合った銘柄を進めることもでき、仕事をするうえで自身のレベルアップにもなります。お酒が好きで、日常生活で生かしたいという人でも、自分好みの焼酎を選ぶ際や、飲み方についても詳しく知ることができるので、よりお酒を楽しむことができます。焼酎の製造過程やその手間を理解することにより、お酒を飲む際に味以外の要素でも楽しめることができるのです。お仕事をされている方でも、一般の方でも、資格を生かすチャンスはたくさんあるので多くの人に挑戦してもらいたい資格の1つです。

通信教育講座  通信教育講座