焼酎資格人気ランキング

芸能

焼酎というと、少し前までは男性の飲み物というイメージがあり、今ももちろん男性に好まれていますが、ここ最近では女性の焼酎ファンも増えており、焼酎本来の味を楽しむ本格派から、色々なドリンクで割って楽しむオシャレ派まで様々です。

焼酎の種類は幅広く、知れば知るほど、味を楽しめるようになります。今では焼酎に関する資格も多数あり、お酒に関わる仕事に就く方はもちろん、焼酎愛好家として趣味で受験される人も増えています。焼酎関係の資格はについて、ここでは上位4つをランキングでご紹介します。

1位 焼酎セレクトマイスター

焼酎に関する資格、人気第1位は「焼酎セレクトマイスター」です。資格の取りやすさ、費用、知名度、学べる内容などが評価されています。

この資格では、焼酎の製造過程やこれまでの歴史、原材料(米、麦、芋、蕎麦、胡麻、紫蘇)に関する知識があり、焼酎の味や飲む人の好みに合わせた飲み方を理解していることを証明されます。

■資格の取り方は?

試験は2ヶ月に1回あり、自宅で受験することができます。受験料は10,000円。学び方は自分で選択でき、独学も可能です。自信がなく一度で合格を目指すなら、専用の通信講座で学ぶのもおすすめです。

■主催しているのは?

この資格を主催している日本安全食料料理協会は、食品・料理に関する資格を多数主催しており、知識や技術が十分にあることを認定しています。同じアルコール飲料の関係では「カクテルソムリエ」や「ワインコンシェルジュ」などがあります。

2位 焼酎セレクトアドバイザー

焼酎に関する資格、人気第2位は「焼酎セレクトアドバイザー」です。

原材料による焼酎の特徴や製造方法などの基本知識だけでなく、好みに合わせた飲み方や料理の選び方についての知識があり、それを人にアドバイスするスキルがあることを証明されます。

■資格の取り方は?

試験は2ヶ月に1回あり、自宅で受験することができます。受験料は10,000円。学び方は自分で選択でき、独学も可能です。自信がなく一度で合格を目指すなら、専用の通信講座で学ぶのもおすすめです。

■主催しているのは?

この資格を主催している日本インストラクター協会は、それぞれの専門分野の知識はもちろん教える力を中心とした技術のスキルを磨く資格を多数主催しています。同じアルコール飲料関係では、「カクテルコンシェルジュ」や「ソムリエインストラクター」などもあります。

3位 焼酎唎酒師

焼酎唎酒師は「しょうちゅうききさけし」と読み、「焼酎の品質を判定する人」を指します。この資格では、焼酎ならではの魅力や日本各地の焼酎の飲まれ方など幅広い知識と、焼酎のテイスティング法を身につけていることなどが証明されます。

■資格の取り方は?

専用の講座を受講する必要があります。受講スタイルは「通信コース」「会場受験」「在宅受験(DVD学習)」があります。一番人気の通信コースは3ヶ月から1年の間に6回分の添削問題をクリアすると合格です。受講料金は一般で77,400円、入会金19,000円、認定料25,000円、年会費15,900円です。

■主催しているのは?

この資格は日本酒サービス研究会が主催しており、日本酒や焼酎についての資格認定などを行っています。

4位 焼酎検定

焼酎の基礎知識や特徴、魅力を理解していることから、焼酎のあらゆることに精通していることまで、レベル別に3級から1級まであり、歴史文化、造り方、マナー、楽しみ方、雑学など幅広い知識を認められます。3級から順番に受験する必要があります。

■資格の取り方は?

20歳以上であることが受験資格です。全国約7カ所の会場に行き、指定日に受験します。受験費用は3級:3,650円、2級:4,200円、準1級:4,700円、1級:5,250円です。受験勉強については、出題参考資料の販売も行っています。

■主催しているのは?

この資格は日本酒サービス研究会が主催しており、日本酒や焼酎についての資格認定などを行っています。

通信教育講座  通信教育講座