ドッグトレーニング

犬・ドッグトレーニング資格人気ランキング

芸能

犬好きに大人気の資格で注目されている資格をランキングでご紹介いたします。 ドックトレーニング資格は様々な取得の仕方がありますので、自分にあった資格を見つけて取得して見てくださいね。参考にどうぞ!

1位 ドッグトレーニングアドバイザー

ドッグトレーニングアドバイザーは、日本生活環境支援協会が主催している資格で、 愛犬のしつけでもある「おすわり・伏せ・待て」から室内・室外トイレや散歩などのトレーニングに関するスキルを身につけている証の資格です。

この資格は愛犬に対する飼い主の愛情と熱意、正しい知識が必要で基礎知識を学ぶ事ができて人気があります。 ドッグトレーニングアドバイザーの資格取得後は、講師もできるので愛犬だけではなく犬のしつけに悩む多くの飼い主やこれから飼う人にアドバイスをしてあげれます。 国家資格ではなく民間の資格で、自宅で試験を受けれたり通信講座も行なっているので自分のペースで勉強ができ趣味で取得する方も増えて来ていてオススメです。

2犬のしつけインストラクター

犬のしつけのインストラクターとは、日本インストラクター協会が主催している資格で、 首輪やハーネス、知育玩具など道具を使用したしつけ方法や犬の性格別によってしつけをする方法、 犬の種類によるしつけ方法、飛びつき癖や家のチャイムや掃除機などの音に対しての対策の知識をもっている証としての資格です。

成犬や老犬の管理や多頭飼いの育成方法など、さらに動物病院やドックカフェ・ペットホテルやトリミングショップなどの外出先でのマナーの知識をもっている証の資格でもあります 資格取得後は、インストラクターとして犬のしつけの飼い主にアドバイスや講師ができ仕事の幅が広がるので人気があって犬が好きな方にオススメです。

インストラクターを学ぶにあたって段階を踏みながらスキルを学べるのでドックトレーニングに自信がない方でもきちんと学ぶ事ができます。

3家庭犬ドッグトレーナー

家庭犬ドックトレーナーは、国際家庭犬トレーニング協会が主催している資格で、 一般的な家庭で飼育されている犬のしつけや育成相談に対応する訓練士の資格です。

家庭犬ドックトレーナーには、1級・2級の資格やスーパーバイザー、ドックマインダーなどの種類に分かれていて、 通信講座を実技試験や筆記試験を受けて資格を取得します。 家庭犬のトレーナーではありますが、愛犬への大切な気持ちを具体的な態度で表す為にしっかりと知識と能力を身につけて、毎日楽しく過ごせる様に学べるので自分だけではなく飼い主にアドバイスもできます。 様々な目的によってスキルを選択出来るので人気がある資格です。

4JCSA認定「ドッグトリマー」

ドックトリマーは、日本キャリア教育技能検定協会(JCSA)が認定している資格で、 この資格を取得する事で、ペットショップなどペット業界の開業に必要な動物取扱責任者の登録が可能となる資格です。

ドックトリマーは養成専門講座を受講し修了して合格した人には、マイスターライセンスをがもらえます。マイスターライセンスは3種類の認定試験があってスキルのレベルによって段階を踏めます。 ライセンスを取る前の通信講座では、トリマーの基礎知識と技術を修得でき在宅で試験を受ける事ができます。 ドックトリマーとして多くの人が活躍しているのでオススメの資格です。

5JCSA認定「ドッグトレーナー」

ドックトレーナーは、日本キャリア教育技能検定協会(JCSA)が認定している資格で、 犬のしつけやトレーナーの知識と技能を学ぶで取得し、飼い主へ指導や助言などアドバイスができる資格です。

ドックトレーナーに必要な知識は、犬とのコミニュケーションや褒め方叱り方など幅広い知識が必要で、通信講座で取得できます。 また、ドックトレーナーの資格を取ると、その上の資格でもあるインストラクターを取得できる様になって、スキルアップや仕事の幅も広がるので、魅力のあってオススメです。

まとめ

人気のある犬・ドックトレーニング資格のランキングをご紹介致しました。 注目度が高く、犬を飼っている方も多くのいるので仕事の幅も広がって楽しみながら学べるのでオススメです。
ドッグトレーニング ドッグトレーニング

通信教育講座  通信教育講座