発酵食健康アドバイザー口コミ評判

芸能

日本人には馴染み深く、健康食として知られている発酵食品ですが、実は意外なものが発酵食品として私たちの身の回りに多く存在します。発酵食品が体にいのは知っているけど詳しくは知らない、どうしたら効果的に発酵食品を生活に取り入れたらいいかわからないという人は多いでしょう。発酵食健康アドバイザーは発酵食に関しての知識を持ち、またその利用の仕方を多くの人に伝えることができる資格です。

発酵食健康アドバイザーとは

発酵食健康アドバイザーとは発酵食に関する基礎知識はもちろん、発酵食品を使った料理に関しても十分に理解している方に認定される資格です。自然界に存在する微生物を利用した食品の発酵過程や、またその微生物や菌の働きについての知識を身につけていなければなりません。発酵食品を食べることでどのような健康・美容効果があるのかを把握しているのも発酵食健康アドバイザーの資格に必要なことです。

発酵食と健康

発酵食品は自然界に存在する微生物の働きを利用して作られるものであり、長期保存できるうえに栄養価が高いため、昔から多くの人が食生活に取り入れてきました。キムチ、納豆、ぬか漬けやヨーグルトなど調理せずそのまま食べることができる発酵食品も多いので、忙しい人でも食生活に取り入れることができます。忙しい現代人は栄養バランスが偏りがちで、腸内環境も悪くなってしまう人が多くいます。発酵食品は、原材料を発酵させることで食材そのものの栄養価を高め、また体に吸収されやすくなります。発酵の過程で発生した菌は腸内まで届き、悪玉菌を抑える効果があるので便秘などの解消にも効果的です。便秘を解消することで肌荒れの改善にもつながるので美容効果もあるのです。

発酵食健康アドバイザーになるためには

発酵食品にはさまざまな種類があり、乳製品や、アルコール製品の中にも発酵食品が多く存在します。ヨーグルト、チーズ、サワークリームは乳酸菌を利用した発酵食品であり、日本食には欠かせない調味料である酢、みりん、醤油、味噌、鰹節なども発酵食品です。お酢は酢酸菌を利用した発酵食品であり、酢酸菌の力によりエチルアルコールを酸化させできたものです。焼酎などのお酒も原材料を発酵させて製造するので発酵食品の一部と考えられます。発酵食健康アドバイザーはこれら乳酸菌発酵、アルコール発酵、酢酸発酵のそれぞれの発酵過程、特徴と違いを十分に理解しておかなければなりません。また、乳酸菌、納豆菌、酵母菌、麹菌などの様々な菌の働きや効果に関しても理解しておかなければなりません。それに加え、発酵食品を使った料理や、日々の食生活にうまく取り入れる方法、自家製発酵食の作り方など、知識だけではなく発酵食品をうまく利用する能力も必要になります。

発酵食健康アドバイザーになるメリット

発酵食健康アドバイザーの資格は様々な分野で活躍することができます。発酵食が体に良いと知っていても、どう食生活に取り入れたらいいかわからないという人もいるので、発酵食を利用したレシピの提案をすることもできます。料理を通して発酵食の良さを伝えることもでき、忙しい人でも効果的に発酵食品を日々の生活に取り入れることができるアドバイスをすることができます。また、講師として活動することもできるので、発酵食品の健康・美容効果についてのセミナーなどを開くことも可能です。発酵食品にもさまざまな種類があり、意外と知られていない発酵食品もあるので、私たちの身近にある発酵食品についてより多くの情報を発信することができるのです。

認定試験について

発酵食健康アドバイザーの資格は日本インストラクター協会により認定されており、特に受験資格を必要としないため誰でも受験することができます。受験料1万円(消費税込み)を払い、インターネットから申し込みをし、自宅で受験します。答案用紙を返送するだけで受験が完了するので忙しい方でも受験に挑むことができます。

料理が好きな人や、健康・美容に興味がある人、何か新しい資格が欲しいという人にもおすすめの資格です。

通信教育講座  通信教育講座