カフェ

便利でおすすめの全自動コーヒーメーカー・ベスト5!

生活

個人でも全自動コーヒーメーカーが買える時代になりました。価格は機能と比例しますが、1万円以下のものでも
相当な機能を装備しています。スイッチを入れてから最後の自動洗浄までしてくれる、至れり尽くせりのものまで
あります。朝の忙しいときには助かります。オススメの機種をご紹介いたしますので、自分に合った1台をお選び
ください。

1111
パナソニック NC-A56

この価格(約20,000円)では、とにかく多機能です。豆の挽き・注湯・抽出・ドリップ・保温まで全自動。2種類の豆の挽き方と2種類の淹れ方で、計4種類の味わいが可能です。また、沸騰させたお湯を装備の活性炭フィルターに繰り返し通すことにより、90%以上のカルキをカットできます。特記すべきは、使用後のミルを自動洗浄してくれる機能です。

2222
シロカ STC-501

必要な機能を装備した置き場所にも困らないコンパクト設計です。豆と水をセットしたらあとは全自動。メッシュフィルターが装備されているため、面倒なペーパーフィルター交換もなし。ステンレスサーバーはガラスのように割れないため、氷を入れてアイスコーヒーも手軽に作れます。

3333
タイガー カフェバリエ

スチームドリップ、エコポッド、カフェポッドの3way抽出が可能です。特にコーヒー粉にスチームをかけて蒸らしてからドリップするスチームドリップは最高です。真空2重構造ステンレス製まほうびんサーバーは、加熱せずに保温できるので、煮詰まりを防ぎ、美味しい状態を持続します。また、オートオフ機能により、自動的に電源が切れるので、消し忘れがありません。

4444
象印 全自動コーヒーメーカー EC-NA40-BA

豆の「挽き分けフィルター」と「2段階濃度調節」で4種類の味わいが可能です。また、マイコン予熱&ダブル加熱方式は、95℃の高温でコーヒーを抽出し、それを魔法瓶タイプのステンレスサーバーに保存しますので、煮詰まりを防ぎ、美味しさを長持ちさせます。ミルケースのコーヒー粉は抽出時のお湯で自動洗浄できますが、取り外して丸洗いも可能な構造となってます。

5555
デロンギ 全自動コーヒーマシン マグニフィカ

コーヒーの濃さや抽出量、抽出方法、牛乳の泡立てや給水タンクの着脱など全て全面で行える設計ですので、置く場所を選びません。カプチーノやエスプレッソ抽出もできる機能が付いてこの価格(60,000円前後)は、高くはありません。また、本格的なグリンダーを搭載しているため、豆の挽き具合を7段階に調整でき、喫茶店レベルの美味しいコーヒーを味わうことができます。
コーヒー・カフェ コーヒー・カフェ

通信教育講座  通信教育講座