カラー色彩

カラーセラピー認定試験口コミ評判

通信教育

色には様々な心理的な効果があります。例えば赤は情熱的な色として有名ですよね。勝負時だったり、感情的になりたいときに身に付けると気持ちも上がってきて力が発揮できそうな気がしてきますね。また逆に青色は冷静になれたり、気持ちを落ち着かせる効果があると言われています。これらの効果を全て把握して使いこなせたら、生活がより豊かになると思いませんか?例えば仕事で人にこう思われたいとか、周りにこういう印象を与えたいと思った時に、まずは着る服の色や靴の色などの身近な色から攻めていけば少しは自分の思った効果に近づけるのではないでしょうか。

カラーセラピーとは?

そのように人の心理にも多大な影響を与える”色”に関して、カラーセラピーは一通りの効果や活用方法などを知識として身に付けた人が認定される日本アロマメディカル心理セラピー協会が主催する資格の一つです。この資格を取得するとカラーセラピストとして独自でサロンを開いたり、スクールを開いて活動している人が多いです。中には専業主婦の方がこの資格を取得して副業としてこじんまりと活躍していたり、たまに講習会の講師として働くという形で副業的な要素として活躍されている方もいます。いずれにしても色を使って心理的なサポートができる技術であるカラーセラピストには活躍の場は多いのです。

どうやったらカラーセラピストになれるの?

そのためには、まず資格と取得することですが、いきなり取得しようとしても簡単に受かるものではありません。ある程度の知識がすでにある人ならともかく、昨日今日知ったような人は、まず通信教育などでしっかりと勉強した上で資格を取得するのが良いでしょう。ちなみに既に知識を持っている人は、日本アロマメディカル心理セラピー協会のホームページより受験申込を行い、試験を受けると良いでしょう。しかもこの試験は通信教育と同様に全て自宅に居ながらにして受けることができるのです。その為、時間的な制約がある人にも人気の資格になっています。 通信教育では、ものによっては最短で2ヶ月もあれば資格取得までできるものもあるようです。しかもその通信教育は、講義卒業の課題をクリアするとそのまま試験免除で資格取得が出来るとのこと。通信教育を選ぶときにはそういった特典も気にしながら選んでみると良いかもしれませんね。

カラーセラピー認定試験の口コミ評判は?

カラーセラピストになった人からは、「実際には講師などは行っていませんが、私生活の中で自分自身がカラーセラピーの要素を取り入れた部屋作りをしたことで、毎日が楽しくなってきました。部屋作りは色が大事だと改めて実感しました。これを多くの人に広げたいと思います。」という形でプライベートが充実した人や「カラーセラピストになったことで副業に力を入れて働けるようになりました。近々本業と副業が入れ替わりそうです。」という形で副業で成功して本業に変わりそうな人までいます。今は会社も終身雇用では無い時代、自身の手に職を付けて、自分の人生に選択肢を多く持たせることは非常に良いことだと思います。アナタも是非この機会にカラーセラピストの道についても検討してみては如何でしょうか。
カラーセラピー カラーセラピー

通信教育講座  通信教育講座