キャンドル

キャンドルアドバイザー認定試験口コミ評判

通信教育

キャンドルはどういう時に使用しますか?誕生日やクリスマスなどのイベント事でのケーキの飾りに使ったり、昔だったら照明として使ったり、暖房として使ったりもしたかもしれませんが、今は完全にイルミネーションの一貫だったり、イベントで場を盛り上げるために使われることが多くなりました。そんな時に、自分のオリジナルのキャンドルでイベントが華やかに彩れたら如何でしょうか?またリラックスしたい時、アロマを焚きたい時に、自分のオリジナルのキャンドルで癒されてみませんか?

キャンドルアドバイザーとは?

キャンドルアドバイザーとは、キャンドルの制作に当たって作り方の技術や知識を習得し、人に教えることのできる資格です。なので資格を取得すると講師としてカルチャースクールや講習会を開いて、人に教えることができるのです。人に教えることができるので、スキマ時間を使った講習でちょっとした小遣い稼ぎになるかと思います。

主催は日本インストラクター協会であるため、最終的にはキャンドルに関するインストラクターとして、色んな人に教えることができるようになります。日本インストラクター協会は他にもたくさんの技術を人に教えることに力を入れていますが、このキャンドルアドバイザーに関しては、小さいお子様からご老人まで手軽にできるものであるため、特に色んな人にチャンスのある仕事と言っても過言ではありません。

キャンドルアドバイザーにはどうやったらなれるの?

アドバイザーになるには、独学だと時間がかかるので、通信教育などで集中して学んだほうが良いでしょう。通信教育で学ぶメリットは何と言っても時間や場所に束縛されることなく、自分のペースで勉強できること、不明な点は何度でも講師の人に聞いて、納得するまで学ぶことができるという点があります。ちなみにデメリットは自分に熱意がないと続かないという点です。3日坊主にならないように気をつけてくださいね(笑)。また通信教育ですとものによっては、卒業と同時に資格が取得できるという、別途試験を受ける手間が省ける制度もあるようです。ぜひ通信教育を探している方はその辺の制度も気にしながら勉強してみてください。

また既にキャンドルについて詳しい人は、日本インストラクター協会のホームページより受験申込を行うと良いでしょう。申し込みを行うと、その後は外出することなく試験を受けることができます。どういうことかと言うと、問題用紙と解答用紙が全て自宅に送られるからです。あとは規定の5日間で問題を解いて協会に返送すれば良いのです。受験料は税込1万円であり、試験の受験条件がないので、誰でも何度でも挑戦は可能となっています。

アドバイザー認定試験口コミ評判

「今まで何となくキャンドル制作を行ってきたが、実際に資格を取ることで自作のキャンドルに自信が付き、より楽しくなってきました。」とか「自分が楽しくキャンドルを作っているところを子供に見せて一緒にできるようになって良かったです。」などと実際の自分のキャンドル作成の腕が上がった人いますし、人に教えることで自分の中でも新たな発見ができ、相乗効果でより良いモノが作れるようになっています。人に教えることで自分の知識も再構築されるので良いことが好循環で回っています。少しでも興味のある人は、まず日本インストラクター協会のサイトを覗いてみましょう。
キャンドル キャンドル

通信教育講座  通信教育講座