キャンドル

キャンドルデザインマスター認定試験口コミ評判

通信教育

キャンドルと聞いて何を思い浮かべますか?

多くの人は誕生日とかクリスマスなどの記念日に家でケーキに付けたり、家を幻想的に演出したい時に使うことが多いでしょう。外でのイベントでは結婚式の演出や良いレストランなどで演出として用いるのがあるかと思います。またアロマを家で使っている人はもっと身近かも知れませんね。そんなキャンドルは普段買ってませんか?イベントグッズのお店とかケーキ屋さんとかで。ただあのキャンドルは自作出来るんですよ!!自作する技術がある人が認定されるのが、キャンドルデザインマスターです。

キャンドルデザインマスターとは?

キャンドルを手作りする技術・知識を身に付けている人のことを言います。キャンドルの手作りは意外と簡単なんですよ!!料理なんかと同じ感覚で、しかも材料は安いものだと100円均一ショップなどでも手に入ります。誕生日にオリジナルのキャンドルでお祝いされたら嬉しいですよね?オリジナルキャンドルもロウとクレヨンなど身近なもので作成することが出来ます。簡単なものはハマると奥が深いんですよね。

買うと結構高い値段をするキャンドルも、自分で制作すれば安く済み、かつ自分の欲しいデザインのキャンドルが手に入ります。まず一度制作してみては如何でしょうか。

ちなみにキャンドルデザインマスターになるとできる職業としては、キャンドル販売店の開業やキャンドルスクールやカルチャースクールの講師、デザイナーとしての独立などは挙げられます。

どうやったらキャンドルデザインマスターになれるの?

ただキャンドルを制作したいだけなら、100円均一ショップで材料を集めてネットで作り方を検索して制作してみるのがいいと思いますが、本格的にキャンドルデザインマスターを目指すなら通信教育や講習会などのちゃんとした学校に行くことをお勧めします。ただ講習会などは時間と場所の制約があるため、毎日忙しい人には難しいでしょう。そこでお勧めするのは通信教育です。

通信教育であれば、家に居ながらにして、かつ自分のペースで勉強ができるため、仕事が忙しくて続かなかったとか、ペースが早すぎてついて行けなかったなどということは無くなります。自分自身のキャンドルについて学びたいという意気込みが失くならなければ大丈夫です。しかも通信教育によっては卒業と同時に資格取得が可能となるものもあるので、学校を選ぶときには参考に。

ちなみにこの試験は直接日本デザインプランナー協会のサイトから申込をして受験することも可能です。

キャンドルデザインマスター認定試験の口コミ評判は?

口コミとしては、「今まで趣味でやっていたキャンドル制作が職として認められて副業ができるようになった。」とか「キャンドル販売店で店員をしていたが、この試験をキッカケによりキャンドルについて詳しくなり、かつ資格を取れたことで接客に自信が持てるようになった。」「自分の身に付けたことを講師として他の人に教えるのが楽しくなりました。色んなキャンドル好きの人と出会えるので毎回教えているはずが新たな発見の連続です。」など、趣味の延長で資格が取れた人や、実際に講師として働いている人などいるようです。

今趣味でキャンドルを作成している人は、是非一度キャンドルデザインマスターの資格に挑戦してみては如何でしょうか。
キャンドル キャンドル

通信教育講座  通信教育講座