スポーツフード資格

スポーツフード資格人気ランキング

通信教育

スポーツ選手にとって、食事は非常に重要です。栄養価の高い食事を摂ることによって、質の筋肉が付きやすくなったり、コンディションが安定したりします。一流のアスリートには、専属のシェフがついていることも多く、結婚しているアスリートの奥さんは、食事に細心の注意を払っています。そんな、スポーツ選手にとって大事な食事に関するずぽーつフード資格の人気ランキングを紹介したいと思います。

1位 スポーツフードマイスター

スポーツフードマイスターとは、スポーツで必要な栄養の基礎をしっかりと理解し、アスリートの日々の食事の献立やレシピなどに関する知識を実践レベルまで身に付けた人のみが、認定される資格です。各栄養素の働きや、脳や筋肉を動かす仕組みを理解し、体を正常に保つために必要なビタミン、スポーツ選手にとって必須の水など、ジュニア世代から大人まで、それぞれの年代が必要な栄養素から、バランスの良い献立やレシピを考案できる知識を必要とします。受験資格に制限がなく、取得することによって仕事に直結するほどの価値がある資格であるので、持っておくと非常に使い勝手の良い資格です。

2位 アスリート栄養食インストラクター

アスリート栄養食インストラクターは、スポーツに必要な栄養素に関する知識を身に付け、それぞれの競技に合わせた食事の考案が出来る人に与えられる資格です。疲労回復に効果のある栄養素と食事や風邪予防に効果のある栄養素と食事などコンディション調整に役立つ知識や、試合前後や試合当日に良い栄養素と食事などの時期に合わせた食事の知識などを身に付けた人が認定される資格です。競技向けの食事や栄養素に関する知識を持っている証拠になるので、アスリート栄養食インストラクターの資格を持っていると、プロスポーツ選手やアスリートなどを相手にした仕事に付ける可能性もあります。こちらも、受験資格がないので、誰でも取得できるのが魅力の一つです。

3位 アスリートフードマイスター

アスリートフードマイスターは、自分自身の身体作りやパフォーマンスの向上に役立つ食事管理ができる人が持つことのできる資格です。スポーツのための身体づくりに適した食材をいつ、どれだけ摂取すればいいのか理解することで、パフォーマンスの向上につなげる知識を身に付けます。アスリートフードマイスターは、3級~1級の3段階に分かれています。3級の合格率は約85%と非常に高く、少し勉強すれば割と簡単に取得することのできる資格です。しかし、2級になると一気に合格率が下がり、35%しか合格できません。アスリートフードマイスターの受験料は3級で68000円なので、持っていると役に立つ資格ではありますが、何度も気軽に受けれる資格ではありません。

4位 スポーツフードスペシャリスト

スポーツフードスペシャリストは、部活動に参加している子供や、アスリートなどに合わせた食生活と栄養に関する知識を身に付けた人が取得することのできる資格です。職と栄養素に関する知識をもとに実践ができ、生体理論の正しい知識を身に付けて、それらの知識を組み合わせることで、競技で活躍できる体を作るための食事指導を行うことが出来るプロフェッショナルです。スポーツフードスペシャリストの最大の魅力は、Webで受験が出来ることです。家でも外でも自分の好きな時に試験を行える資格はなかなかありません。いろいろな立場の人が受験をしており、資格を取得しています。誰でも気軽に取得することのできる資格です。

5位 スポーツフードアドバイザー

スポーツフードアドバイザーは、身体の仕組みや栄養素に関する知識をつけ、食を通して勝てる身体づくりを提案するスペシャリストです。プロアマの際限なく、選手が試合で最大限の力を発揮できるように食の面からサポートをするために必要な資格です。大人だけではなく、大人以上にエネルギーが必要なジュニア世代の食事に関する知識もしっかりと身に付ける必要があります。検定試験は自宅でテキストを見ながら受講することが出来るので、無駄な時間を割くことなく、効率的に取得することのできる資格です。取得が簡単な知識であるために、他の資格と合わせて持つことで仕事に繋がりやすくなります。
スポーツフード資格 スポーツフード資格