ワインソムリエ

ソムリエインストラクター認定試験口コミ評判

通信教育

ソムリエとは、 ワインについて品種や産地、製造方法などのあらゆる知識を持っていて、料理との食べ合わせやより美味しく料理を食べるための食べ方を知っている人のことを言います。よく高級レストランとかホテルにいますよね。ワインを選ぶ時に色々アドバイスをしてくれる人、あの人がソムリエです。ワインに関するあらゆることを知っているので例えば、美味しいワインの仕入先や保管方法、管理の仕方についても熟知していてお店などでも担当しています。ワインセラーとか温度がキッチリ決まってますよね。ワインは気温や湿度などのちょっとした変化でも劣化が進むデリケートなものだそうです。

ソムリエインストラクターとは?

ソムリエインストラクターとは、自分の知っている知識を人に教えたり、アドバイスする人の事です。つまり、レストランやお店でお客さんに対してや調理スタッフに対して、どんなに料理にどんなワインが最適か、お客さんが喜ぶワインが何なのかを選ぶ人の事です。 職業としてはレストランなどでメニューを選定するときに合わせるワインを考える人だったり、ワインありきでどんな料理が合うか考えて知恵を出す人がいますが。あとは実際にホールでお客さんとお話をしながらお客さんに合うワインをいくつか候補を出して、料理とともにお客さんの求めるものを提供する人のことです。確かにレストランに初めて行って何を注文したら良いか分からない時に、好きな物とか好みを聞いてくれて後はお任せで良いものを出してくれるお店もたまにありますね。そのときに対応してくれたのがソムリエインストラクターなのかもしれませんね。

ソムリエインストラクターにはどうやったらなれるの?

まずは徹底的にワインについて知らなくてはいけません。いきなりワインの勉強って言われても何をして良いか分かりませんよね?まずは通信教育でワインについて勉強するところから始めてみましょう。最近の通信教育では、資格を主催している団体と提携しているところも多く、資格取得のための通信教育も多数出ています。そういうところを探して勉強すれば一気に資格取得にも近付けるはずです。
また既にレストランなどで働いていてある程度の知識を持っている人はいきなり資格試験に臨むのも良いでしょう。その時は「日本インストラクター協会」のホームページにアクセスして、受験の申し込みをしましょう。そうすれば、自宅に問題用紙一式が届き、すぐに試験に取りかかれます。試験は年に6回の決められた期間に行われますので、まずは日程を確認しましょう。

ソムリエインストラクター認定試験の口コミ評判は?

ワインインストラクターの資格を受けた人の口コミは、「レストランです見習いをしていたが、何か身に付けたくて通信教育で勉強しました。わずか2カ月で資格が取れて、今ではレストランで最速で見習いを卒業し、ソムリエになることができました。資格を持つことで自信も付き、楽しく接客出来ています。」とか、「ちょっと趣味のつもりで通信教育を受けましたが、無事資格を取得でき、今では友人とレストランに行くとメニュー決めるのはいつも私の役目です。」など仕事に直結して役に立てている人もいれば、趣味の一環で資格を取り生活に潤いを得た人もいますね。動機はどうあれ、今の生活が少しでも向上することは間違いありません。興味のある人は是非この試験を受けてみてください。
ワインソムリエ ワインソムリエ

通信教育講座  通信教育講座