ハウスクリーニング

ハウスクリーニングアドバイザー認定試験口コミ評判

通信教育

年末年始の大掃除や日頃の掃除で、満足にお掃除出来ている人はどれくらいいるでしょうか。仕事をしながらとか、育児をしながらだとあまり自分の思っている通りの掃除が出来ていないのではないでしょうか。またキッチンの汚れや床の汚れなど洗剤を使っても取れない汚れに悩まさせている人も多いはず。そんな時に、汚れに応じた最適な洗剤がわかったら、どれほど効率的に掃除ができるか、世の主婦の方達は教えて欲しいことでしょう。

ハウスクリーニングアドバイザーとは?

ハウスクリーニングアドバイザーとはそんな世の主婦の方が知りたい知識を有して、掃除のプロとして的確な判断、アドバイスが出来る人のことをいいます。この資格は日本生活環境支援協会が掃除に関して一定水準以上の知識を持っていることを認定する資格です。この資格を持っていることで掃除に関して人に教えることが出来るので、カルチャースクールや自宅などで講師として講義を開催することができるようになります。人に教えることができるようになれば、そこから新たな発見ができ、自分の掃除の技術もより広がることでしょう。

今まで何となくやっていた家事をプロとして職に出来れば、家事も楽しくなり、副業も見つけることが出来るため、一石二鳥となります。

ハウスクリーニングアドバイザーになるためには?

ハウスクリーニングアドバイザーになるには、大きく2つの方法があります。1つ目は通信教育などを利用して勉強した上で資格を取得する方法。2つ目は、日本生活環境支援協会の主催する認定試験をパスして資格を取得する方法です。いずれにしても全てインターネット上や自宅でできるので、仕事で忙しいサラリーマンや子育て奮闘中のママさん、主夫の方でも安心して勉強できます。

1つ目の通信教育ですが、有名どころでいうと「諒設計アーキテクトラーニング」という通信教育があります。ここは、最短2ヶ月で資格が取得できると謳っていてさらに特定のコースを受講することで卒業と同時に資格試験免除で資格が取得できるという協会と提携したサービスが付いています。勉強自体も自宅でできることで完全個別指導になりますし、不明点は専任の先生にメールで聞くことができ、人目を気にせず自分の納得するまで勉強することができます。

2つ目の直接受験ですが、これもインターネットで日本生活環境支援協会のサイトより申込を行い、自宅に届く問題用紙や解答用紙をチェックして、問題を解いて解答用紙を返送するだけなので、本当に楽です。

ハウスクリーニングアドバイザー認定試験口コミ評判

「この資格を取得したことで、部屋の掃除から水回りと、今まで苦労していた汚れがサッと綺麗に掃除できて、掃除が楽しくなってきました。」とか「今まで大掃除の度に業者に依頼して掃除してもらっていましたが、経済的なことを考え、今年から自分で掃除することにしましたが、どうやって掃除したらいいか分かりませんでした。人に頼むことを止めたので、これを機に勉強しようと思い、ついでに資格取得を目指しました。取得できたおかげで今では業者に頼んでいた時より綺麗に、効率よく掃除できるようになりました。」など掃除のテクニックを身に付けることで今までイヤイヤやっていた掃除が楽しくなったという声が聞こえるようになりました。
ハウスクリーニング掃除 ハウスクリーニング掃除

通信教育講座  通信教育講座