ハーブガーデン

ハーブライフインストラクター認定試験口コミ評判

通信教育

ハーブと言えば、やはりハーブティーが真っ先に思い浮かぶでしょう。このハーブライフインストラクターの資格も、大半はハーブティーに関する知識があることを認定するものです。しかしハーブにはハーブティー以外にも様々な利用方法があります。この資格を取得するための勉強をすると、そういった利用方法についても学べるのです。

ハーブライフインストラクターとは?

ハーブライフインストラクターとは、ハーブを使って生活を豊かにするための知識や技術を持つ人を認定する日本安全食料料理協会が認定する資格です。この資格を持つことで食品関係全般の業界で活躍することができるようになり、ハーブセラピストとして活躍することもできるようになります。

ハーブに関する知識があれば、ミントなど様々な香りにも詳しくなり、精神的なリフレッシュ効果などを匠に扱うことができるようになります。香りの効果は場所を選ばずにその空間を変化させることができる身近な方法であるため、会社勤めのサラリーマンなどがこの資格を取れば、職場の活気が一気に変化することでしょう。職場の陰湿な雰囲気に悩んでいるそこのアナタ!!是非このハーブライフインストラクターの資格を取って、職場の雰囲気を変えてみませんか。

ハーブライフインストラクターになるためには?

ハーブライフインストラクターになるには、まずは知識と技術を付ける必要があります。しかし毎日仕事で忙しいサラリーマンに取って今から勉強の時間を作るのは非常に難しいことでしょう。そこで通信教育という方法をご紹介します。人気の通信教育で言えば「諒設計アーキテクトラーニング」という通信教育があります。もちろん通信教育なので、どこかの施設に通ったり、そのための時間を確保する必要はありません。家で時間のあるときに勉強すればいいのです。しかも通信教育であれば、教材と一緒に代表的なハーブも5種類教材として含まれています。その為、勉強に必要なものをあとで買い足しに行く必要もなく教材が届いたらその日から勉強が開始できるのです。しかも諒アーキテクトラーニングでは、スペシャル講座も用意してあり、講座卒業と同時に資格が取得できるようになっています。

ちなみに既に職業柄、知識は身に付いていて資格が欲しいだけという人には、直接日本安全食料料理協会のサイトから受験の申込をして受ける方法もあります。その際も、特別な会場に行くことなく、全て自宅で受験可能なのです。サイトから申し込みをすると、後日自宅に問題用紙と解答用紙が送られてきます。それを5日間で解いて解答用紙を返送するだけでOK。あとは結果が送られてくるのを待つだけです。これなら仕事が忙しくて、知識はあるのに中々資格が取れない人には最適な方法ではないでしょうか。

ハーブライフインストラクター認定試験口コミ評判は?

ハーブライフインストラクターの資格を取れた人は、「レストラン関係の仕事をしていますが、ハーブを取り入れたレシピを今まで開発できませんでしたが、この資格を取ったことで、開発メニューの幅が広がり、益々会社に貢献できるようになりました。」とか「食品とは全く関係ない仕事をしていますが、職場にハーブティーを持ち込んだところ、その香りのおかげで仕事にメリハリが付いて全体の業務効率が上がりました。」など、様々な面でいい効果が出ているようです。
ハーブ ハーブ

通信教育講座  通信教育講座