ファッション

ファッションデザイナー認定試験口コミ評判

通信教育

ファッションデザイナーと言えば、ファッション業界では花形の最も華やかな職業と言えるでしょう。ファッション業界と一言で言ってもメディアから雑誌、アパレル関係と様々な業界で人気の職業です。現代はファッショに関しても非常に多様化されていて、様々なジャンルのファッションが常に世間を騒がせています。その為、ファッション業界においてもファッションデザイナーの需要が高まってきています。それと同じくしてファッションデザイナーになりたいという人の声も高まり、講義や資格試験は人気を集めています。そこで人気なのがこの資格です。日本デザインプランナー協会が主催しているので取得すれば会社などでもアピールできます。日本デザインプランナーは日本で有数の資格認定団体なので、国家資格ではないにしても履歴書に書けたり、カルチャースクールなどで講師ができたり、などその認知度は間違いありません。

ファッションデザイナーとは何を学ぶの?

女性なら誰しもファッションには興味があるところではないでしょうか。おしゃれをしたいとか、綺麗に見せたいなど欲求は尽きませんね。そんな欲求を満たしてくれるのがファッションデザイナーの仕事です。ただ仕事でファッションデザイナーをするときには自分の着たいもの身に付けたいものだけを考えていては仕事になりません。依頼主のメーカーやブランドの意向に沿ったファッションを提案したり、作り出したりしていかなければなりません。その為、ファッションデザイナーになるためには、ファッションに対する知識と各メーカーやブランドに関する知識、ファッションの機能面に関する知識など様々な知識が必要となります。まずはそういった知識を身に付けなければ資格取得は望めません。

どうやって勉強したらいいの?

ファッションの勉強をしようとすると、本当は専門学校などに通って一から学んだ方が良いですが、既にアパレル関係などで働いている人にとっては仕事しながら学校に通うのは難しいでしょう。そこでおすすめするのが、通信教育です。通信教育なら仕事で帰りが遅くなっても、休みが不定期でも、自分のペースで勉強ができ、1日2時間程度の勉強時間を確保できれば2ヶ月で資格取得が望めるコースもあります。しかも専用講義を卒業すれば試験免除でファッションデザイナーの認定を受けることもできるのです。

また既にファッション業界で働いていて知識も持っているという方は、直接日本デザインプランナー協会のホームページより受験を申し込んでみると良いでしょう。この試験も全て在宅で可能となっていますので、忙しくても大丈夫です。

口コミ評判は?

ファッション関係の仕事をしている人は、「今までデザイナーのアシスタントとして働いてきて、様々な知識を吸収できたけど、資格を取る時間がなかった。この資格であればどんなに帰り遅くても自分のペースで受験できるため、無事合格することができました。資格を取ったらアシスタントから卒業して自分で仕事ができるようになりました。」というご意見や、「転職してファッション関係に行きたいけど、学生に戻る程経済的に余裕がない。通信教育であれば今の会社に居ながらにして勉強でき資格取得してから転職活動ができたので良かったです。今は念願のファッション関係の仕事に付けてます。」という風に時間的な拘束を通信教育が解消してくれて、夢に一歩近づけた人がいました。
ファッションデザイナー スタイリスト

通信教育講座  通信教育講座