フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントデザイナー認定試験口コミ評判

通信教育

フラワーアレンジメントとは、簡単にいうと花を使って生活を豊かにする人のことです。

例えば、誰かが花束をプレゼントしてくれたとします。それを持ち帰って、少しでも長くその花束を綺麗に飾りたいと考えますが、花に関する知識が何もないと花瓶に生けるぐらいしか思い付かず、数週間で花束をダメにしまうでしょう。そんな時、適切な花の飾り方や保存方法を知りたいと思う事でしょう。それを習得している人やより花を適材適所に飾ることの出来る人を認定するのがフラワーアレンジメントデザイナーなのです。

フラワーアレンジメントはファッションデザイナーと似ているところがあり、TPOに合わせたデザインが要求されます。特に日本では昔ながらのしきたりやその地方独自の風習などもある為、幅広い知識が必要となります。例えば葬式に使うような花は、プレゼントには絶対に適さないとか、入院している人へのお見舞いには鉢は適さないとか、語呂合わせ的なイメージも合わせると結構花を飾ったり、プレゼントしたりするのには気を使うことが多いんですよね。

フラワーアレンジメントデザイナーはそいうった知識を身に付ける必要があります。

この知識を身に付ければ、一昔前まではなりたい職業No1だった花屋さんになることもできますし、華道家の道も開けるかもしれませんね。

フラワーアレンジメントデザイナーの勉強はどうすればいいの?

フラワーアレンジメントデザイナーの勉強は、専門学校などでじっくり勉強するのも良いですが、ビジネスマンや主婦の方は日々忙しくて専門学校に通う時間はないですよね。そこで勉強するのに良いのが通信教育です。通信教育なら、全て自宅に居ながらにしてすることができるほか、勉強する時間も自分のペースで可能です。仕事が終わった後のスキマ時間とか、子育て中の主婦は子供が寝ている昼間とか夜に勉強することができます。

花について学んだり、色合いや綺麗に見せる魅せ方、風習や文化・マナーについての知識を付けます。

フラワーアレンジメントデザイナーになるためには?

日本デザインプランナー協会の資格を受けることで資格を取得できます。この資格の受験には、特定の試験日はなく、試験会場もありません。ネットから申し込みをして、自宅に問題用紙や回答用紙が届くので、それを5日間で答えて回答用紙を返送するだけです。

試験期間は年に6回、それぞれ5日間設けられているので、自分のペースで解くことができます。

また通信教育で勉強する人にとってはこの試験を受ける事すら必要ないのです。通信教育を卒業すれば、同時に試験を免除して資格取得できる制度もあります。

フラワーアレンジメントデザイナー認定試験の口コミ評判は?

ちょっと興味がある人が、試しに勉強して、資格が取れたとか、すでに花屋で働いていて、試験だけ受けてみたなんて人も結構います。

「興味心で資格の勉強をしましたが、通信教育の手軽さと時間に縛られない勉強の仕方でスムーズにはかどることが出来ました。おかげで今では家に花がたくさんあり、生活に豊かさが溢れました。」とか「花屋で働いてしますが、新たなスキル取得で自信を持って接客出来るようになりました。」など良い評判がたくさん聞けました。

これを機にあなたも資格取得に励んでみては如何でしょうか。
フラワーアレンジメント フラワーアレンジメント

通信教育講座  通信教育講座