幼児食

ベビーフードインストラクター認定試験口コミ評判

通信教育

ベビーフードインストラクターとは、日本インストラクター協会が認定試験を行っている講師資格の一種になっていて、ベビーフードとは幼児食のことです。

ベビーフードは日本だけでなく、世界で共通のワードとして広く認知され、育児には必要不可欠となっています。

現在の日本では、お米やじゃがいもだけでなく、とうもろこしや豆類、海外のベビーフードなどを織り合わせたレシピがアイデアレシピが多く知られており、赤ちゃんはもちろん、大人もおいしく食べることができるベビーフードレシピに人気が集まっています。

このような、ベビーフードのオリジナルレシピを考案・調理をする能力が必要になってくるのがベビーフードインストラクターという資格です。

新しいレシピを考案していくだけでなく、自分自身の言葉でレシピに用いた材料の適正を説明していく能力も必要となる資格です。

資格の活用についての口コミ・評判

ベビーフードインストラクターの仕事は上記で説明したオリジナルレシピの考案や説明能力だけでなく、講師としての募集もよく行われており、仕事に活用できることでも人気が高いです。

就職や転職の人材募集に確実に需要はあるものの、ベビーフードに関する専門的な知識がある人材は決して多くなく、ベビーフードインストラクターの資格があるだけでも他の人に差をつけることができます。

実際、ベビーフードインストラクターの資格を就職や講師の仕事に活用できたという方がたくさんいらっしゃいます。

また、最近ではベビーフードインストラクターの資格を持った方がコミュニティーを形成し、専門の会社を立ち上げる方もいらっしゃり、仕事の活用の幅だけでも広く、若い方にも人気が高まってきている資格です。

仕事での活用が広いことを説明してきましたが、もちろん仕事だけでなく、ベビーフードが必要になる育児にも役立っているという口コミもたくさんあります。

ベビーフードは育児にとって、無くてはならないものなので、栄養バランスや見た目を考えたオリジナルレシピで、子供達が食事を楽しみにすることが増えたり、赤ちゃんの体作りを助けることにもなり、生活の中でも役立つ資格であることが高く評価されています。

ベビーフードインストラクターの人気の秘密

ベビーフードインストラクターは、日本インストラクター協会のプロ資格であります。

この資格が、人気の資格となった理由は、上記で説明した若い世代に広まってきたという理由もありますが、子育てが一段落して、それまでに得た知識や経験を専門的な分野に伸ばし、これから子育てをする世代やお孫さんがいらっしゃる世代の方が支持した点にあります。

試験合格後に資格が授与されると、自宅での開業や、インストラクターとして講師の立場で教える役割を担えるのが、大きな特徴であり、高く評価されているポイントでもあります。

それまでの経歴や年齢に左右されず、誰でも勉強すれば、資格を取得し、活躍の場を広げることができるのです。

ベビーフードインストラクターに向いてる人の特徴

ベビーフードインストラクターに向いてる人の特徴を、実際の口コミをもとにご紹介していきます。

まずは、自分の子供の食事は自分でしっかりと管理したい方や自分の周りで育児をしている人がいる方です。

資格取得するために得た知識で、子供のベビーフード自分で作ることができるようになります。

しっかりと栄養素を考え、子供の好き嫌いができないようにバランスの良いベビーフードを作ることができるようになり、子育て中の方が資格習得して、高い評価をしています。

自分で育児をしない方でも、育児をしている人の役に立ちたいと思っている方であれば、ベビーフードインストラクターの資格は取得して、自分の周りの人に的確にアドバイスができるようになると、口コミがあります。

お子さんをはじめ、家族みんなの健康維持のためにも、ぜひベビーフードインストラクターの認定試験を受けてみましょう。
幼児食 幼児食

通信教育講座  通信教育講座