手紙の書き方

ペン字・手紙資格人気ランキング

通信教育

現代ではコンピュータやスマートフォンを使うことが多くなり、何かを伝える際にはメールなどをするというのが主流となりましたね。久しぶりに文字を書こうとしたとき、漢字が頭に思い浮かばなかったり、または以前よりも文字が汚くなっていてビックリした経験がある方もいるはず。文字を書くという習慣が薄れてきている今だからこそ、文字の美しさや文字を書くことによって伝えることを学んでみるのはいかがですか?

手紙を書く際には文字の美しさではなく、挨拶文や手紙を送る相手への敬意を表す文章を書くことでお互いに気分良く手紙で意思を伝え、受け取る事が出来ます。日本は、外国語とは異なり細かい表現がいくつかありますが、そのことについて学んだと証明できる資格があります。

また、手紙は書く機会はなくとも「相手に伝える技術」というのはメールにも応用できますね。顔の見えないコミュニケーションが発達している時代には、文章の受け取り方によって誤解を生むことが少なくありません。お互いの症状が見えないからこそ、美しい日本語を使うことは必要とされるスキルなのではないかと思います。

ご自身の執筆した文字や文章に自信を持たせてくれるペン字と手紙の資格のランキングを発表します!

1位 レターライティングマスター

日本語の持つ本来の美しさや正しい敬語などの意味を理解し、使用し、表現することは手紙を受け取った相手を喜ばすことができます。レターライティングマスターとして認定されると、講師として活動することもできるので、新しい何かを始めたい方には特におすすめです。
正しい敬語などを学べる講座として、エンパシーライティングのベーシック講座があります。ホームスタディといって在宅で学ぶことができるのでご自身の生活スタイルに合わせて進めることがでるのもいいですね♪また、エンパシーライティングでは、日常生活のみならずビジネスでも使えるライティングのノウハウを学べる講座が他にもあるのでステップアップも出来ます。ビジネスにも応用できるのでこの際にマスターライティングの資格を目指してみるのはいかがでしょうか?

2位 手紙・文章ライター

手紙を書く上で大切なポイントを学ぶ機会は少なくなっていますね。気軽にメールをしたら意思が伝わる時代ですが、「お礼」「お祝い」「お願い」「お見舞い」などの手紙の正しい書き方を学ぶことは、メールにも応用できます。
手紙の書き方を学びながら、正しい言葉遣い、敬語の使い方を学ぶ事が出来ます。手紙全文を書くような練習ではなく、短文での練習のため、気軽にスタートできますよ!また、文章力もつくため、日常会話もスキルアップできるかもしれません。

3位 硬筆書写検定(ペン字検定)

美しい文字を書く資格として多くの方が頭に浮かばせるのはペン字検定ではないでしょうか。文字ひとつひとつ本来の形と綺麗に書くコツを抑え、美しい文字を書く練習をしましょう。ひらがなはもちろんのこと、カタカナなど文字が美しいと読みやすくなりますね。ペン字検定は講座だけでなく、本屋さんにもいくつか練習帳なるものが販売しているのでそちらも合わせておすすめします。
ひらがなやカタカナの練習はもちろん、封筒やのしの書き方のハウツー本もあります。また、たっぷり練習で使えるボールペンが2本付いてきますし、DVDでは目で見て動きも確認することができますよ!一人の講師と向き合った添削があるため、モチベーションもあがります!
手紙の書き方 手紙の書き方

通信教育講座  通信教育講座