ハーブガーデン

メディカルハーブカウンセラー認定試験口コミ評判

通信教育

ハーブと聞くと、ハーブティーを想像する人が多いでしょう。ダイエットに効果的だったり、妊娠中の方が飲んだ方が良いものが出ていたり。しかし今人気を集めているのは紅茶だけではないのです。アロマや化粧品にもハーブは多様に使われています。また西洋では昔からありましたが、2011年にようやく日本で認可されたものとして、ハーブの医薬品があります。ハーブティーの種類によっては、脚のむくみを取ったり、精神安定に効果があるとされています。一見すると漢方と似ている気がしますが、漢方は中国発祥で、複数の漢方を調合して1つの漢方薬を作るのに対して、ハーブはヨーロッパで広められた医学で単体で効能がハッキリとあるものです。どちらも処方する時は用法、用量を守って飲む必要はありますね。

メディカルハーブカウンセラーとは?

日本アロマメディカル心理セラピー協会が一定水準以上のメディカルハーブカウンセラーに関する知識を持った人を認定するために作った資格です。この資格はハーブによるデトックス効果やリラックス効果、リフレッシュ効果を理解して、人によって状態や体質を診た上で適切なハーブをアドバイス出来る人の事です。

この資格を取得すると、自宅やカルチャースクールで講師として活躍できたり、今働いてる会社でもちょっとしたハーブティーを差し入れる事で、チームみんなにリフレッシュ効果が出て、業績が上がることもあるかもしれませんね。

どうやったら資格が取れるの?

メディカルハーブカウンセラーの資格を取るためには、日本アロマメディカル心理カウンセラー協会の主催している資格を取る必要があります?ただ、その資格は通信教育を受けている人にとっては何の障害にもならなく、通信教育卒業と共に取得できる資格の可能性がありますので、通信教育を受ける際には朝の辺も調べてみてください。もし提携しているところでしたら、一回で全て終わります。

また通信教育を受けずに、いきなり認定試験を受ける人は、まず日本アロマメディカル心理カウンセラー協会のホームページにアクセスする必要があります。その中でメディカルハーブカウンセラー認定試験の受験申込を行います。この試験自体は、どこか特別な試験会場に行く必要はありません。全て自宅で実施可能なのです。受験は、まずインターネット上で申込を行う。その際に自宅の住所や名前などを登録、後日その自宅宛に問題用紙と解答用紙が送られてきます。これは年に6回実施されていますので、いつ申し込んでもそこから一番近い試験期間のタイミングで資料が送られてきます。届いたら配達員に受験料を払います。あとは5日間で自分の手の空いた時に試験を行い、解答用紙をポストに投函するだけです。自宅でできるので、忙しい人でもスキマ時間を作って受験可能なのです。受験料の支払いもカード情報を教える必要もなく安心です。

メディカルハーブカウンセラー認定試験口コミ評判

この資格を取得した方は、「ハーブといえばやはりハーブティーですが、資格を取ると、今の精神状態でどのハーブティーを飲めば良いのか適切なものがすぐ判断できるので、私自身のリラックス効果が欲しい時に役に立っています。もちろん他の人にも自信を持って勧めています。」など資格を取得したから出来る講師などの他にもプライベートでも役に立っているようですね。是非アナタも自分の生活レベルアップのためにも受験してみては如何でしょうか。
ハーブ ハーブ

通信教育講座  通信教育講座