メンタル心理インストラクター認定試験口コミ評判

通信教育


最近メンタルの弱い人が増えてきた気がしませんか?もしくはメンタルに負荷の係る社会になってしまったのでしょうか?よく会社などでもメンタルヘルスというキーワードを聞いたり、メンタル対策の研修などが頻繁に行われたりするようになりましたね。この現象は一部の地域だけの問題ではなく、日本全体での問題になっているんです。この問題を会社で解決しようとする動きと、地域全体で解決しようとする動きがあります。例えば会社であればメンタルヘルスケアの窓口を作っている会社が増え、何かあればそこに相談してくださいと呼びかけたり、地域ですと会社に属していない専業主婦の人やフリーターの人が気軽に相談できる窓口を開設したりしています。

メンタル心理インストラクターとは?

メンタル心理インストラクターは、そういった窓口での対応をしたり、病院などでメンタル心理のカウンセリングに訪れた人を対応する人の指導をする人のことで、それらの能力を一定水準以上持った人を日本インストラクター協会が独自に認定して資格として与えているものです。この資格は取得することで、様々な医療機関で活躍できたり、カルチャースクールや企業、病院などで講師として活躍できたりします。

メンタル心理インストラクターになるにはどうしたらいいの?

この資格を取るためには通信教育で勉強するのが一番でしょう。この資格を取りたい人は、現在会社でバリバリ働いている人がさらに上を目指そうとしていたり、専業主婦として家で子育てをしているが、その後の職を探したいと思っている人が多いと思います。なので時間や場所に縛られず自分のペースで勉強できる環境が必要と考え、通信教育をお勧めします。通信教育であれば、全て家にいながらにして勉強することができます。必要なのはインターネットと宅配が届く環境、資格を取りたいという熱意だけです。それだけあれば、最短で2ヶ月もあればコースによっては取得可能です。しかもコースによっては講義終了と同時に資格が取得できる受験免除のタイプも用紙しているところがあります。そういう通信教育を上手く利用して資格取得を目指してください。

また自分のペースでできると言ったのは、最近の日本人は周りの空気を読んで動いている傾向が特に強く感じられます。専門学校などに行って勉強しても不明点を先生に聞くことができず、曖昧ななな次への進んでしまうことはありませんか?曖昧なまま次へ進むともう次の講義もさっぱりですよね。その点通信教育なら周りに人がいないので、不明な点は誰かに構うことなく先生にメールで質問できるので安心です。せっかく教えてもらえる環境があっても使えなくては意味がないですよね。その点メールなら普段使用しているものとあまり変わらないのでう抵抗なくなんでも質問できると思いませんか。そのように通信教育を上手く活用して資格取得を頑張ってみてください。

メンタル心理インストラクター認定試験口コミ評判

「この資格を取得したことで、今の仕事にプラスアルファ心理カウンセリングの仕事もできるようになった。会社内でちょうどカウンセリングのできる社員を探していたので資格取得のことを話すと異動になり早速勉強の成果が役に立つことができた。また私が先頭にたち、カウンセリングのできる人を増やしてチームとしてメンタルケアの対策に努めて行けて会社としてもメンタルケアを売りにできるようになった。」という形で資格取得が即、会社で役に立っているようです。
メンタル心理カウンセラー メンタル心理カウンセラー

通信教育講座  通信教育講座