音楽療法士

メンタル心理ミュージックアドバイザー認定試験口コミ評判

通信教育

no life no musicという言葉があるように、現代において音楽は生活に欠かせないものになっています。震災でココロが落ち込んでいる時は音楽より生活が大事と言って、自粛ムードが流れましたが、結局は生きる為にはメンタルも大事という事がみんなの心にあり音楽活動は割と早い段階で復活しましたね。

チャリティーライブや被災地での無料ライブなどで被災地に元気を届けたアーティストも多くいました。彼らが意識していたかは分かりませんが、音楽は人のメンタル心理に多大な影響を与えるのです。

メンタル心理ミュージックアドバイザーとは?

音楽によるメンタル的な影響を最大限発揮させる事ができる人がメンタル心理ミュージックアドバイザーなのです。この資格は日本アロマメディカル心理セラピー協会が音楽に対するメンタルへの影響について一定水準以上の知識を有した人を認定する資格です。

資格を持つ事で、音楽によるストレスなどの問題改善や心身の健康維持に努める事ができるようになります。またカルチャースクールや自宅でそれらを人に教える講師として活躍する事も出来るのです。この資格を持っている=ミュージシャンではなく、音楽を通じて心身のリフレッシュに役立てることのできる人がという意味です。

どうしたら資格が取れるの?

音楽がメンタルに与える影響やれきしについて既に詳しい人は、協会のホームページから受験申込みをすると良いでしょう。この資格は特別な試験会場はなく、試験日も特定の日はない。年に6回の試験期間に自宅に送られてくる問題に答えて、回答用紙を送ればいいだけなのである。その為、仕事で忙しいビジネスマンや家事で忙しい主婦にも受験可能なのです。

次に勉強してから資格を取りたい人は、通信教育を受けると良いでしょう。通信教育としては「諒設計アーキテクトラーニング」が有名ですが、他にも多数の通信教育があります。中には最短2ヶ月で資格取得まで出来るものもあり、思い付いたらスグに始められる教育となっています。通信教育の良いところは何と言っても、時間や場所を気にせず勉強出来るところです。インターネット上で申込を行い、授業料を振り込むと自宅に必要な教材が届きます。あとは教材を読みながら勉強を進めていき、不明点はメールで専任の先生に質問して解決していくことができるので周りの目を気にせず、自分のペースで進められるのです。また毎日仕事で忙しい人や子育て・家事で忙しい人でも受講することができます。家の中でちょっとした空き時間を利用した勉強が可能なため本当に誰にでも勉強出来ます。通信教育によっては指定のコースを受講し、受講講座が全て終わると資格試験免除で資格が取得できるのです。その為、通信教育を選ぶときにはその点も注意して選びましょう。

メンタル心理ミュージックアドバイザー認定試験の口コミ評判は?

本資格を取得すると、音楽の力を最大限利用することが出来るためいろんなところで活躍されています。「カフェ店員をしていますが、お店に流れるミュージックについてこの資格を取ったことでどんな音楽が流れているのか注目していたら、メンタル心理にはあまり関係ない音楽が流れていたので上司に相談しました。自分が資格を持っていることも含めて。そうしたらスグに音楽を検討してくれて、今ではゆっくりくつろげる空間作りに音楽が一役買うことができました。」などこの資格を取ったことで関連する他の仕事にも役立つことができるようです。
音楽療法 音楽療法

通信教育講座  通信教育講座