和菓子

和菓子文化コーディネーター認定試験口コミ評判

通信教育

和菓子文化コーディネーターとは、日本生活環境支援協会が認定試験を行っている資格の一つで、和菓子に文化という言葉が加えられている通り、和菓子とその和菓子の日本各地の文化と歴史の知識が求められる資格です。

一般的に和菓子は世界的に知られており、人気を博していますが、なぜその和菓子が作られることになったのか、なぜその材料が使われているのか、似ている和菓子同士の違いは何なのかなど、こういった部分を説明できる人は決して多くありません。

そういった知識を詳しく説明できる能力を備えているということを認定してくれる資格が、和菓子文化コーディネーターという資格なのです。

日本の伝統である和菓子は、落ち着いた趣をもつので、年齢に関係なく活躍できる資格なので、この記事では和菓子文化コーディネーターの口コミや評判を紹介していきます。

和菓子文化コーディネーターの人気について

和菓子の人気の秘密は、色とりどりの見た目や美しい形状、和菓子ならではの食感や味覚だけにとどまらず、健康食としても評価を受けています。

もち米はもちろんですが、小豆や大豆、葛(くず)などの、健康的な食材が原料に使われていたり、精製されておらず、ミネラル分豊富な三温糖や和三盆などで和菓子が作られているのをご存知の方も多いかと思います。

また、人気の和菓子がテレビや雑誌の特集でよく取り上げられているので、話題の和菓子を買いに出向いたり、取り寄せしたりする方も多くなってきています。

日持ちのする人気製品を贈答品などに選んだり、挨拶の際に手土産として持っていったり、伝統ある和菓子なら、受け取る側にもとっても贈る側にとっても、安心感があります。

そんな和菓子や背景にある文化・歴史を学ぶことのできる和菓子文化コーディネーターは、現在注目されている資格の一つで、人気も上がってきています。

更に、人気の理由が資格取得の際の受験のしやすさにあります。

和菓子文化コーディネーターの資格は、在宅で受験することができて、忙しく試験会場まで足を運ぶことができない方などからも受験しやすいと評判です。

インターネット上からの申込みができ、受験料は消費税込みの10,000円で、それ以外に費用はかからりません。

和菓子文化コーディネーターの活用について

資格取得後は、趣味としての和菓子作りはもちろんですが、カルチャースクールの講師を勤めたり、和菓子を中心としたお料理教室などを開く方も実際にいらっしゃいます。

また和菓子関係の会社に就職される方や、旅行会社で就職活動をするときのアピールポイントにもなります。

現在、和菓子関係の仕事は人気の急増とともに需要が高まってきているのですが、和菓子文化コーディネーターなどの専門の資格を持っている方は多くありません。

ですので、これから仕事に役立てたいと考えている方にオススメの資格と評判高くなっており、もちろん和菓子専門店で仕事をしている人なら、この資格の知識が身につけば、更に仕事にやりがいを感じることでしょう。

和菓子文化コーディネーターの勉強について

和菓子文化コーディネーターの資格取得を目指した勉強について、もちろんインターネット上で情報収集したり、本屋さんで専門書を買って、独学で勉強することもできます。

ですが、口コミで評判が高いのは、通信講座を利用する勉強の仕方です。

通信教育の会社には、日本生活環境支援協会の公認を受けている講座もあり、これを受講すれば和菓子文化コーディネーター認定試験の試験対策を終えることができます。

独学で勉強する場合は、和菓子文化コーディネーターの認定試験では、日本各地の歴史に関する出題がかなり多くなっています。

効率よく各地の歴史や文化を覚えていくには、テキストを活用しながら、正しく各地の和菓子と結びつけていく事が重要になります。

和菓子文化コーディネーターを独学で完璧に合格するのは、若干厳しいので、一度テキストに目を通してみるのをオススメします。
和菓子 和菓子

通信教育講座  通信教育講座