和菓子資格人気ランキング

通信教育

日本伝統のある「和菓子」について、作ったり学んだり出来る資格を人気ランキングでご紹介します。 今回ご紹介する和菓子資格では、趣味で取れる民間の資格から経験を積んで取得する国家資格まで幅広い資格がランクインしています。 ランキングを参考に自分にあった資格をオススメします。参考にどうぞ!

1和スイーツセレクトマイスター

和スイーツセレクトマスターとは、日本安全食料料理協会が主催している資格で、 和菓子に関しての種類や作る際の道具、分類や材料などの知識を持っている証の資格です。

和菓子には生菓子や押し物、蒸し物、打ち物などの各種類や和菓子の小豆や三温糖、もち粉、道明寺粉など和菓子に欠かせない材料、 さらにヘラなどの道具の知識も覚える事ができ、和菓子職人になれる資格で人気があります。 この資格は、認定試験が在宅でき通信講座もあって気軽に取得ができます。

取得取得後は、和菓子のプロとして講師を目指したり、仕事として開業する場合もこの資格があれば 和菓子に自信があるとアピールできます。 趣味の範囲で和菓子が好きで作ったり、和菓子をもっと知りたい方にも人気があってオススメの資格です。

2和菓子文化コーディネーター

和菓子文化コーディネーターの資格は、日本生活環境支援協会が主催している資格で、 和菓子の幅広い知識と日本各地にある郷土和菓子の知識を知っている証の資格です。

この資格は、郷土和菓子の知識は、日本各地で作られた土地や文化さらに背景や歴史などの知識を学ぶ事ができます。 和のイメージでもある和菓子とお茶の関係や「おかき」と「せんべい」と「あられ」の違いや、「ぼたもち」と「おはぎ」の違い、「京菓子」と「江戸菓子」の違いなど を学んで文化的な歴史や背景などを知って四季折々による和菓子や行事に合わせた和菓子を適切に選ぶ事ができる様になります。 和菓子を作る事が好きな方や日本の伝統のある和菓子を学びたい方に人気があって、在宅で試験を受けれるます。

3菓子製造技能士

菓子製造技能士とは、その名の通り和菓子などを作るプロとしての国家資格で、 資格を取得するには一定の実務経験を経てから「菓子技能検定試験」を受けれる資格です。

この資格は、菓子製造業で仕事をしながら学んでいくのが一般的で、 菓子の知識だけではなく、一般的な食品の知識や材料の知識なども必要となります。さらに製菓機械の使い方や性能なども学ぶ必要があって、難易度の高い資格ですが職人になりたい方に人気があります。 技能検定試験では、筆記試験と実技試験があって両方合格しないと取得ができません。

また、1級と2級に分かれていて、1級菓子製造技能士では幅広い知識を取得してレベルの高い資格とされています。まずは、2級菓子製造技能士を取得して自分のスキルアップに合わせて1級を目指す事をオススメします。

4製菓衛生師

製菓衛生師の資格とは、国家資格資格で多くの資格を取得しているパティシエの方が持っている中の1つの資格で、 公衆衛生学や衛生学、食品添加物や食の安全専門知識、菓子作りの知識や技術などを持っている証の資格です。

「食品衛生責任者」の資格と同等の資格で、独立開業を目指している方や飲食店の店長になりたい方はこの資格を取得しておいたほうがよいとされています。 この資格を取得するには実務経験も必要で、製菓専門学校を卒業するか菓子製造業に2年以上経験をつんでる人が対象となる為、取得するのは時間がかかります。 衛生法規や食品学、栄養学や公衆衛生学など試験は幅広いので独学で取得は難しく、専門学校で学んだり、実務経験をしながら長期的に勉強して取得するのをオススメします。

まとめ

人気のある和菓子資格をランキングしてご紹介致しました。

ご紹介した資格は、国家資格も含まれていますがどの資格も「菓子」を作るのに必要な資格です。 資格取得後は、菓子製造や講師など出来るようになるので自分にあった資格を取得するのをオススメします。
和菓子 和菓子

通信教育講座  通信教育講座