ガーデニング園芸

園芸インストラクター認定試験口コミ評判

通信教育

庭で土いじりが好きな人や花木が好きで自分の庭にたくさんの花木を植えたいと思っている人多いでしょう。でもそんな人たちも、ただ庭に花木を植えたいだけではなく、キレイに見せたいとか季節に合った庭作りをしたいと思っているはずです。ではどうやったら綺麗な庭作り、ガーデニングができるのでしょうか?その知識を持っている人を園芸インストラクターといいます。

園芸インストラクターとは?

園芸インストラクターは、日本インストラクター協会が主催している認定資格の一つです。何の認定かというと、ガーデニングに関する多様な知識や技術、技能を有していることを認定しているのです。ガーデニングと単に言っても最近のガーデニングは多種多様です。様々な国の文化を取り入れたり、庭がバルコニーだったり、大きな庭だったり、ベランダだったりと求められる知識も多いです。それらに柔軟に対応できるだけのガーデン図面の製図方法や設計、施工などが求められます。

この資格を取得すると、ガーデンに関する知識を人に教えることができるようになるのです。具体的には、カルチャースクールや自宅で人を呼んで講義を開くことができるようになります。講義を開くと自分の知っている知識を人に教えるだけでなく、生徒さんから予期せぬ質問が来て、自分のでもまた勉強することが増えます。そうなるとどんどん自分で勉強し、さらに知識を増えるので楽しくなっていくでしょう。

園芸インストラクターには、どうやったらなれるの?

園芸インストラクターとは上記の通りですが、それらの知識が最初っからある人はあまりいないでしょう。もちろん既に庭師に弟子入りしていたり、園芸関係の仕事に就いている人は別です。そういう人は、いきなり試験を受けても受かる可能性が高いので、いきなり受験をお勧めします。いきなり受験する場合は、日本インストラクター協会のサイトにアクセスして受験申込をします。そうすると年に6回のタイミングで行われる試験機関に問題用紙と解答用紙が自宅に送られてきます。あとはそれを5日間の内に自宅で解いて協会に返送するだけです。特定の会場に行ったり、会社を休んで試験をする必要はないのです。しかも特別な受験資格もないのである程度知識を持っている人はとりあえず受験してみるのもいいかもしれませんね。

もちろんこれから勉強したいという人は、直接受けても受からないので、通信教育などで勉強してから受験することをお勧めします。通信教育で有名な所といえば「諒設計アーキテクトラーニング」という通信教育があります。ここは最短2ヶ月で資格取得までできるコースがあり、思い立ったら次の試験のタイミングまでにみっちり勉強することが出来ます。またコースによっては、講義卒業と同時に資格取得となり、試験免除のものもあるので、手軽に資格が取得できるようになっています。

社会人で毎日忙しいから勉強する時間や学校に通うなんて無理と思っているアナタ。通信教育なら完全に自分のペースで勉強できるので、どんなに忙しくても大丈夫なのです。仕事から帰ってちょっとした空き時間や休日の時間を利用して勉強できるので、どなたにでも資格取得の可能性はあります。

園芸インストラクター認定試験の口コミ評判は?

園芸インストラクターと取得した人は、「家に庭があるが、どうしていいのか分からなかった。この資格をとって見違える程ステキな庭を作ることができました。」とか「庭のつくり方を人に教えて、街全体で素晴らしい庭ばっかりの住宅地を作ることができました。新しいコミュニティーもできて、楽しい生活を送れています。」など自分のことはもちろん、周りも巻き込んだ暮らしの向上が出来ている人もいます。
ガーデニング園芸 ガーデニング園芸

通信教育講座  通信教育講座