安眠快眠

安眠インストラクター認定試験口コミ評判

通信教育

安眠は誰もが求めているものですが、満足している人は少ないのが事実です。安眠を妨げる要因は色々ありますが、疾病やストレス、不安などの心理的要因や騒音などの環境的な要因が考えられます。それらの要因を取り除き、安心して快適に寝られる方法を知識として理解できれば、今よりもっと良い質の睡眠ができると思いませんか?この資格はそうした知識を持っている人が認定される資格なのです。

資格を取得したら何ができるの?

日本インストラクター協会の資格は、どれもカルチャースクールや自宅での講師ができるものばかりです。特にこの安眠インストラクターは、寝具業界の会社では研修の講師として呼ばれることもあるかもしれません。安眠はみんなが共通の悩みであったり、追い求めているものなので、誰に教えても喜ばれる知識になります。

資格取得にはどうすればいいの?

この資格を取るためには、まずは勉強あるのみです。独学でやるのも良し、講習会などに参加するも良し、ですが、忙しいアナタにそんな時間や環境を探すのは難しいはず。そこで通信教育という方法をお勧めします。通信教育なら場所や時間を選ばずに自宅で勉強が始められます。条件は2つ、日本国内に住んでいることとインターネットが使えること。これさえできればどこでも勉強することはできます。インターネットで通信教育に申し込みをすると関連の教材が自宅に送られてきます。その後教材で勉強しながら不明点は専属の先生にメールで質問。誰かの目を気にして勉強する必要もないので、完全に自分のペースで勉強ができます。しかも勉強も自宅で出来るため、仕事で忙しいアナタでも夜中や休日に勉強すれば仕事への影響もゼロで進められます。いくつかの通信教育では最短2ヶ月で資格取得までできるところもあるようなので、思い立って始めればあっと言う間に資格取得出来ますね。

通信教育ですが、巷では「諒設計アーキテクトラーニング」や「SARA」という通信教育が人気があるようです。この2つなら、通信教育の講義卒業と同時に資格試験を免除して資格が取得できるというメリットがあります。

また独学で勉強した人など上記通信教育以外で勉強した人は、資格試験が別途あります。「日本インストラクター協会」が主催している認定試験に受かる必要があります。この試験には特定の会場や特定の試験日というのはありません。インターネット上で申込を行い、自宅に送られてくる問題用紙や解答用紙を届いてから5日間で解いて返送すればいいだけです。解答期間に関しては、年に6回という形で期間が設けられています。また試験に関しては受験資格というのはないので、何歳でも過去に受けてようが問題なく受験できます。

安眠インストラクター認定試験口コミ評判

安眠インストラクターになれた人は、「自分自身が不眠症で悩んでましたが、今回勉強して解消できました。」とか「今までより睡眠の質が良くなり、日中の仕事効率が格段に上がった気がします。」とか「この方法を是非周りの人に教えたくなりました。今ではカルチャースクールでいろんな人に教えています。いい副業ができました。」など自分自身のために使っている人もいれば、周りに教えてたくなって講師になっている人もいるようです。
睡眠 睡眠

通信教育講座  通信教育講座