幼児食

幼児食マイスター認定試験口コミ評判

通信教育

幼児食マイスターとは、日本安全食料料理協会が認定試験を行っている資格で、幼児食に対する理解や、子供の成長に合わせた適切な食材の選択、実際の調理方法などを説明できる能力が必要になってくる資格です。

必要となってくる知識の範囲としては、離乳食から幼児食を経て、我々が日々口にする一般的な食事に辿り着くまでの知識です。

その中間にあたる幼児食に関する知識が最も必要になりますが、どのタイミングで移行させるべきなのか、この点に関する判断と説明する能力も必要になってきます。

これだけ聞くと難しい資格だと思われる方もいるかもしれませんが、実際に勉強してみるとそこまで難しくありません。

それに、子育てをしていく上で必要になってくる知識が中心で、子育て中の方や資格をお仕事に活かそうとされるかたに口コミ・評判が高くなっています。

資格の難易度や勉強に関する口コミ・評判

子供の成長に欠かせない幼児食に関する知識と、食べるときのしつけを学ぶことができる幼児食マイスターの資格は、高い人気があります。

子育て中のお父さんやお母さんに必要な情報を学ぶことができる試験なのですが、受験資格等はありませんので、受けようと思えば誰でもチャレンジすることができます。

受験料として、10,000円が必要になりますが、インターネットからの申込みで在宅受験が可能なので、資格の受験しなければいけないというプレッシャーは低く、挑戦しやすい資格だと評価も高いです。

合格には70%以上の評価で可能で、普通に勉強していれば、難しい点数ではありません。

また、資格習得ため勉強した知識が日々の生活の中で活きていくということを考えれば、必然と頭にも入ってくるという口コミも実際にあります。

日常の中で、特に子育て中の方に必要な知識が多いので、勉強しやすいよ評判が高い資格です。

子育て中の人からの口コミ・評判

子育て中のお父さんやお母さんからの評判もすごく高いです。

資格取得のために勉強した内容では、子どもの体作りを理解して、脳や神経細胞というものにも影響し、骨や筋肉の成長を促す食事について知ることができます。

また、親御さんが食事を与える際に、心配なアレルギーの予防や対策についても学ぶことができ、さらには、お子さんの手づかみ食べや食べ遊びなどを克服する、しつけについても効果があります。

幼児期は体の成長だけでなく、味覚を育み、食習慣の基礎が固まっていく大切な時期なので、この時期に摂取する栄養素のバランスが悪いと、肥満や成長の妨げになってしまったり、アレルギー疾患の原因にもつながります。

幼児食マイスターの資格は、そのような子供の大切な時期の面から親御さんがケアできる知識を得ることができるので、子育てに役立っていると、口コミ・評判が高いです。

資格の仕事への活用の口コミ・評判

上記で説明したとおり、幼児食マイスターは、子育て中の方からの評価が高く、実際に活用している方も多いです。

ですが、この資格は日常生活だけでなく、育児に関する仕事や、食に関する仕事にそれぞれ活かしているかたも実際に多いです。

育児に関する仕事としては、幼稚園や保育園で働く保育士の方や、食に関する仕事ですと、栄養士や飲食業界で従事する方などです。

幼児食のメニューの企画や子育て支援、育児ボランティアなど、あらゆる業務に活かすことができると評判があります。

また、幼児食マイスターの資格取得のために得た知識と実際に子育てなどから得た経験を活かして、自宅や料理スクールで幼児食の教室・講義を開く方もいらっしゃいます。

もちろん活用の幅は、上記のものだけでなく、飲食店を経営している場合は、小さなお子さん連れのお客様に幼児食を提供することもできますし、幼児食メニューのデリバリー・惣菜の販売を行ってみるのもいいかもしれまん。

幼児食マイスターの資格は民間資格なので、資格取得が必ず採用などにつながるわけではありませんが、資格で得た知識を活用しつつ、柔軟にキャリアに積んでいく姿勢が大切でしょう。
幼児食 幼児食

通信教育講座  通信教育講座