幼児食

幼児食資格人気ランキング

通信教育


幼児食の資格は、子供の成長に合わせた料理を作る事や困っているママパパにアドバイスしてあげたりできる資格で、 国家資格ではなく民間の資格ではありますが、学んだりアドバイザーとなる事で子供の体の健康作りや成長に役立ちます。

食に関する国家資格では、栄養士や管理栄養士などが主流ですが国家資格ではない 「幼児食資格」でも十分メリットがあって履歴書にも書けて国家資格と同様に人気があります。

ランキング形式でご紹介致しますので参考にどうぞ!

1位 幼児食マイスター

幼児食マイスターとは日本安全食料料理協会が認定する資格で、 幼児食に合う食材や不向きな食材の知識、子供の成長に合わせて栄養バランスの良いメニューを作れる知識を知って、 役立てる為の資格です。

子供の骨や筋肉などの身体作りや神経細胞などの成長に合わせた食事を考えていく事が出来る様になります。 この幼児食マイスターの資格を取得すると、自宅やカルチャースクールで講師が出来る様になります。 受験料は1万円で合格基準が70%と一般的な試験と変わりませんが、自宅で受験ができてさらに期日までに回答用紙を提出となっている為、 気軽に受験を受けれるので人気があります。 また、幼児食マイスターの通信講座も行なっていて、講座を受けながら勉強出来るのでオススメの資格です。

2ベビーフードインストラクター

ベビーフードインストラクターとは、日本インストラクター協会が主催している資格で、 季節によって違う食材を使った幼児にオススメの献立を作る事ができたり、節分やクリスマスなどの行事の献立を立てられて、 子供の成長に合わせる食事で栄養素のバランスが取れる知識を理解して行く資格です。

独自に勉強しなくても、ベビーフードインストラクターの資格の取れる通信講座もやっていて、 覚えやすく人気のある資格です。 ベビーフードインストラクターの資格を取得後は、カルチャースクールや自宅で講師をする事もでき、 育児後も資格を使う事が可能なのでオススメの資格です。

3幼児食インストラクター

幼児食インストラクターとは、一般財団法人日本能力開発推進協会が認定している資格で、 幼児の食事についての知識を身につけて、幼児食に困っている人や悩んでいる人にアドバイスができる様になります。 料理教室を開催したりセミナーや講習会も開ける様になって手助けが出来ます。 また、飲食店では幼児用のメニューも開発などもでき、幼児食インストラクターの資格を取得後の仕事の幅が広がるので、 人気のある資格です。

4幼児食アドバイザー

幼児食アドバイザーとは株式会社日本フローラルアート(東京カルチャーセンター)が行なっている資格で、 「赤堀料理学園」が監修していて、幼児食に関する知識の基礎や実践方法を学んで役立てる資格です。

このアドバイザーは、6ヶ月間の受講期間があって全6回の課題を提出して全ての課題に合格すると取得ができ、 通信講座をメインに受講が出来るので仕事や育児で忙しい方でも自宅で学ぶ事ができるので人気があります。 通信講座では、幼児の体の仕組みや食物アレルギーへの対処法、発育に必要な栄養素についてなど学ぶ事が出来ます。 資格取得後は、料理スクールや幼児食教室なども開く事ができたり、栄養士や保育士の仕事に行かせる資格でオススメです。

5子供食育健康管理コーディネーター

子供食育健康管理コーディネーターとは、一般社団法人 資格支援能力振興協会が主催している資格で、 子供の成長期における健康と食育、スポーツと栄養などの基本知識と技術を学んで、 子供達の健康な状態に育成出来る様にコーディネートできるようにする資格です。

この資格は、通信講座でDVDなどを使って実技と理論の両方を学んで取得をしてプロのコーディネーターを目指します。 通信講座の受講料が少し高く取得後の講師など本格的に仕事として取得する方にオススメです。

まとめ

子供の健康に関する資格「幼児食資格」のランキングをご紹介致しました。 ご紹介した資格は、インストラクターやアドバイザーと健康や管理など様々に分かれていますが、 ご紹介した資格は、インストラクターやアドバイザーは幼児食に関する基礎知識がメインですので、ほぼ内容的には同じです。 資格取得後にどの様に資格を活かしていくかなど、自分が学ぶペースを決めてからどの資格が良いか判断もでき、状況に応じて受講する事をオススメします。
幼児食 幼児食

通信教育講座  通信教育講座