クラフト

手芸アドバイザー認定試験口コミ評判

通信教育

手芸アドバイザーは、クラフトに関する様々な知識や技術をりかいしていることを認定する資格です。クラフトというと工芸品という意味で使われることが多いですが、実際にはハンドクラフトと言って手作りで何かを創作するモノ全般をさします。趣味で何か作成して部屋に飾ったり、誰かにプレゼントしたりすると楽しいですよね。またハンドクラフトだと世界に一つだけのモノになるので特別感も出ます。また自分で使うにしても、ハンドメイドで作ったものだと、誰とも被らない上に自分だけのオシャレをすることもできるので、意外といま若者に流行ってるんですよ。

またハンドクラフトは老若男女構わず楽しめるため、幅広い年齢層に受け入れられています。

手芸アドバイザーとは?

手芸アドバイザーとは、日本生活環境支援協会が主催する認定資格の一つで、手芸=ハンドクラフトの作成をアドバイスする人のことです。自分で作って満足するだけでなく、その作り方を人に教えることができるのです。自分が作ってプレゼントするよりも、作り方を教えて一緒に制作し、その小物を生徒さんが喜んでずっと大事に使ってくれたら幸せですよね。そんな体験ができるのが手芸アドバイザーです。

また職業としては、資格を取得することで自宅やカルチャースクールでの講師活動ができます。カルチャースクールなどで教えることで生徒の知り合いがたくさんできるのと、講師同士での交流も増えて、人脈がどんどん増えること間違いなしです。

どうやったら手芸アドバイザーになれるの?

既に手芸が得意な人とそうでない人の2パターンに分けて紹介します。

1.既に手芸が得意な人

まず「日本生活環境支援協会」のホームページにアクセスします。そこで資格試験の申込を行い、自宅に届いた問題用紙と解答用紙を確認し、規定の5日間で問題を解いて協会に返信するだけ。それで手芸に関する様々は知識があるかどうかを認定して、結果を連絡してくれます。

2.手芸が得意でない人

これから手芸を始めたいけど、どうしていいか分からない人や、ある程度手芸はできるけど、とても人に教えるレベルでない人は、まず通信教育などで手芸の知識を身に付ける必要があります。ただ漠然と手芸をしていても技術が身に付くまでにすごく時間がかかってしまいます。そこで忙しいくてそんな時間を取れない人は、効率よくスキルアップをするために通信教育を受講することをお勧めします。時間が取れなくても本当にやりたいことであれば寝る間を惜しんで取り組めるでしょう。そういう時に通信教育は役に立ちます。教材が自分の手の中にあるので、時間のある時やちょっと仕事で行き詰まって気分転換したい時などに手芸の勉強をすると良い気分転換になると思います。気分転換しつつ勉強して、ある程度身に付いたら試験を受けてみると良いでしょう。ちなみに通信教育によっては、卒業=資格取得になっているところもあるようなので、一度検索してみると良いでしょう。

口コミ評判は?

手芸アドバイザーになってことで、今まで自分に自信がなかった人が、人にものを教えられて自信が付いた!とか、手芸について細かい知識を身に付けることができ、もっと手芸が楽しくなりました。楽しいものが仕事にできて良かったです。など色々ポジティブな意見が多く聞かれました。
ハンドメイド手芸 ハンドメイド手芸

通信教育講座  通信教育講座