日本茶

日本茶セレクター認定試験口コミ評判

通信教育

日本茶セレクターの資格は、日本安全食料料理協会が認定試験を行っている資格の一つで、近年では日本茶は日本だけでなく、海外でも注目されるようになってきており、海外への日本茶の輸出量が増えてきた事から専門のセレクターの人材を募集している場面をよく見かけるようになってきました。

ですが、海外だけでなく、日本国内でも茶葉に精通している人材の需要は高く、広く求められています。

茶葉の種類はもちろんですが、茶葉の栽培の仕方や収穫方法、茶葉の製法などの知識や茶葉の相場の見方や見識の知識をもった方は決して多くはありません。

特に最近では、日本茶鑑定士や日本茶検定といったワードが流行していて、需要はあるはずなのに、日本茶セレクターのような日本茶のプロフェッショナルな資格を持っている方は多くなく、まず日本茶セレクターの存在を知っている方もそれほど多くはありません。

そのために用意された資格であり、それが注目されてきている点でもあります。

日本茶セレクターの活用について

日本茶セレクターの資格取得後は、自宅やスクールを開講して講師として活動できたり、セレクターとしても活動できます。

また実際、日本茶の販売店や日本茶を名産地とされている地位域のお土産店などで働いている方、日本茶を扱うカフェや飲食店、和菓子店で働いている方からも資格が役に立ったという口コミがあります。

飲食コーナなどでおいしい日本茶をふるまえば、その日本茶の本質に触れてもらえることができる上に、お茶製品の売上げアップにもつながります。

和菓子屋さんなどでは、和菓子を紹介するときに試食と一緒においしい日本茶を出せると、和菓子の味もより一層引き立ちます。

新しく日本茶セレクターにチャレンジする方はもちろんですが、現在日本茶関係や和菓子店などに勤務されている方も活用できると評判を集めています。

また、仕事だけでなくプライベートでも日本茶セレクターの資格は活かすことができます。

日本茶セレクター認定試験の内容で勉強し覚えたお茶の淹れ方で、自分や家族にお茶を入れることで、いつものお茶の時間が楽しく、質も上がることで評判です。

それだけでなく、会合や座談会、お茶の席などでお茶入れを引き受けて、みんなにおいしいお茶を振る舞うこともできるようになり、たいへんよろこばれることでしょう。

お年を召した高齢者の方にお茶を入れてあげてよろこばれたという口コミをあるほど、日本茶セレクターの資格の活用の幅はとても広く高評価を受けています。

日本茶セレクターの試験や勉強について

日本茶セレクターの試験は自宅での受験することができ、仕事や育児で時間が取れない方でも、試験を受けやすく、自宅での受験なので落ち着いて試験問題に臨むことができ評判が高くなっています。

また、試験の申し込みは日本安全食料料理協会のホームページから簡単に申し込むことができ、受験料は10,000円と大変リーズナブルなものになっています。

続いて、日本セレクターの資格取得のための勉強なのですが、もちろんインターネットなどから情報収集して独学での勉強も可能ですが、通信講座なども勉強しやすく評判が高くなっています。

通信教育会社である諒設計アーキテクトラーニングで取り扱われている日本茶セレクター資格取得講座は日本安全食料料理協会から公認を受けていて、この講座の勉強をするとそれだけで試験対策を完了することができます。

試験で出てくる内容がそのまま教材に使われているので、試験範囲の絞り込みなどをする必要もなく予習・復習が簡単にできてしまいます。

さらに、この日本茶セレクター資格取得講座には通常の講座とは別にスペシャル講座よ呼ばれるものもあり、通常の講座と比べると少し割高にはなってしまいますが、講座修了と同時に資格が取得できるというようなものがあります。

このように、資格取得に向けての勉強のしやすさなども評価高い点になっています。
日本茶・お茶 日本茶・お茶

通信教育講座  通信教育講座