日本茶

日本茶・お茶資格人気ランキング

通信教育


日本茶やお茶は日本の古くからの伝統でもあり、誰もが一度は飲んだ事のある飲み物ですよね。 そんなお茶の資格を趣味で取得する人が増えて来ています。 そこで、日本茶やお茶の資格を人気ランキングでご紹介します。 興味がある方は参考にどうぞ!

1位日本茶セレクター

日本茶セレクターは、日本安全食料料理協会が主催している資格で、日本茶に関する基礎知識を持っている証の資格となっています。 日本茶には種類豊富にあって、その中でも良品のお茶の見分け方や相場や値段の基準など様々な知識をしっかり学ぶ事ができる資格です。また、知識を学ぶだけではなく技術も持つこともできる様になります。

受験は自宅で受ける事ができ自分のペースで学ぶ事も可能なので人気があります。 資格取得後は、自宅やカルチャースクールで講師活動も出来る様になります。 日本茶の歴史や文化、栽培から収穫方法までお茶をもっと知りたい方に最適な資格でオススメです。

2位緑茶インストラクター

緑茶インストラクターとは、日本インストラクター協会が実習している資格で、 緑茶は茶葉と茶器を取り扱う人の技術と知識によって緑茶の味が変わります。 茶葉別の美味しい入れ方や茶器の種類、茶葉の保管方法などを学んで知識を持っている証の資格です。 また、お茶を飲むだけではなく茶葉を使った「天ぷら」「おひたし」「煮物」「茶飯」などの料理レシピも学ぶ事ができるので人気があります。

日本茶の中でも緑茶にこだわって興味がある方にオススメの資格です。 資格取得後は、自宅やカルチャースクールで講師もでき、幅広い活動が出来ます。

3位日本茶アドバイザー

日本茶アドバイザーとは、日本茶インストラクター協会が主催している資格で、 日本茶インストラクターのアシスタントとして日本茶の知識を持っていて、指導者としてや助言を言える証の資格です。

資格取得後は、お茶の販売やお茶の教室などの活動が出来るので人気があります。 資格の取得方法が3コースに分かれていて、日本茶アドバイザー養成スクールに通う「通学コース」 日本茶アドバイザー通信講座で学んで日本茶アドバイザー認定試験を受験をする「受験コース」 日本茶インストラクター通信講座を受講修了後にアドバイザー資格を取得する「通信講座コース」に分かれています。

日本茶インストラクターの資格を取得を予定している方は、「通信講座コース」がオススメです。 また、自分の学ぶペースでどの資格を取るか判断も出来ますので、自分にあったコースを選んで資格を取る事もオススメです。

4位日本茶インストラクター

日本茶インストラクターとは、日本茶インストラクター協会が主催している資格で、 日本茶のプロとして日本茶の効能やおいしい飲み方、種類や収穫時期など知識を持ってお茶の魅力を広める活動ができる資格です。

日本茶インストラクターは、別名「茶ムリエ」と呼ばれていて、特にお茶屋さんが取得している資格ではありますが、取得後に日本茶教室や学校などで講師を行なったり、アドバイザーに助言や指導もできるできます。 また、趣味で取得する人も増えてきているのでオススメです。 日本茶アドバイザーの資格の上の資格と言うこともあってアドバイザー取得後に取得する方も多くいます。

5位日本茶スペシャリスト

日本茶スペシャリストとは、日本能力教育促進協会が主催の資格で、 日本茶に関する知識や茶葉の種類、製造工程やおいしい飲み方などをマスターして日本茶をとことん楽しめるプロとしての証の資格です。

その名の通りに日本茶の専門家としての資格なんので、取得後は日本茶レッスンやお茶会の教室、ライターや飲食業界にも役立つので、 日本茶が大好きで仕事にしたい人にぴったりの資格でオススメです。

まとめ

急上昇中の日本茶・お茶の資格の人気ランキングをご紹介致しました。 仕事として取得する方以外に趣味で取得する方も多く、取得後は講師やお茶教室なども行えるので、 コミニュケーションの場として資格を取得するのもオススメです。
日本茶・お茶 日本茶・お茶

通信教育講座  通信教育講座