ファッション

服飾インストラクター認定試験口コミ評判

通信教育

服は女性なら誰しもが楽しみたいオシャレのマストアイテムであるのと共に、人にとって周りからどう見られたいか、第一印象を決める最重要アイテムです。ビジネスマンが仕事をするときには、必ずって言っていいほどスーツを着ます。これは周りのビジネスマンもまたスーツを着ているし、今までのビジネスマンもスーツを着ていたため、人としてその服が一番適していると周囲の目が判断したのと、大多数の意見=常識となっている部分があるからです。同じように人が何かをするときには、TPOを意識したドレスコードが求められることが多々あります。これもその場に適した装いというものを守るために決められていることです。

このように人は着ているもので印象の大半を左右します。いくら真面目で仕事のできる人でも職場にジーパンとTシャツでは頼りなく見えてしまったり、何も知らないド新人でもきっちりスーツを来て会社に来れば、頼りになるように見えたりする。服とは一見自分がオシャレをしたいから着ているように見えて、実は周りからどう見られたいとか、どういう人であるかをアピールしたいとか、自分がどういうキャラクターなのかを決めるために着ているのです。

服飾インストラクターとは?

服飾インストラクターは、本来の服の目的であるTPOに合わせた服装や装飾品を、色使いや着こなし方、デザインなどにおいて一定のレベルの知識を持った人を認定する資格です。初めて行く職場にどういう服で行けばいいのか分からない、とかデートなどのイベントやコンサートなどでどういう服装で行けばいいのか分からないということがあると思いますが、それらは適切な知識があれば解決するのです、その知識を持った人が服飾インストラクターなのです。

服飾インストラクターになることで、まずは自分の服装や装飾品について、自信を持って纏めることができるようになります。また各会社やカルチャースクールなどで講師として、服装などに関する講習会を開くことができるようになります。

どうやったら服飾インストラクターになれるの?

いきなりインストラクターの試験を受験することももちろん可能です。資格の受験には受験資格はないのです。誰でも受験できるので、服飾に自信のある人はまず受けてみると良いでしょう。

受け方は、日本インストラクター協会のホームページにアクセスして「服飾インストラクター」のページを開きます。その中で申込を実施するだけで、自宅に問題用紙と解答用紙が届きます。あとは規定の5日間で問題を答えて解答用紙を返送するだけです。

服飾に自信のない人は、まず通信教育などで服飾の基本を学ぶことが大事です。通信教育では、時間や場所にとらわれず、自分のペースで勉強を行うことができます。服飾の勉強は普段の着るものにも直結するので、勉強しているだけでも楽しくなってくるでしょう。通信教育によっては、講座終了と課題の提出を持って資格取得となるものもあるようなので、もし通信教育を受ける際には、その辺も意識して勉強先の通信教育を選択するのも良いでしょう。

服飾インストラクターの口コミ評判は?

「服飾の勉強をすることで自分の身なりがオシャレになった。」とか「年代ごとのオシャレの仕方が勉強できたので、仕事先でもお客様の年齢層に合わせたスーツを着ることで商談がスムーズにできた」など公私ともに上手く活用できているようです。

あなたも気になっている服飾!一度受験概要を見てみるだけでもしてみては如何でしょうか。
ファッションデザイナー スタイリスト

通信教育講座  通信教育講座